ニューヨークの魔法が世界に広がる 岡田光世
Blog

Japan 日本

友人は天使の腕のなかにーー

友だちを亡くした悲しい歌だけど、友だちは今、天使の腕のなかにいるんですよ。 そう言って、Riecoさんが歌い始めた。 You’re in the arms of the angel, may you find …

なんということのない日常 なんということのない幸せ

健診の触診で胸にしこりがあると言われた。 乳癌健診のマンモグラフィーの検査結果はまだわからない。 結果を待つまで心配し続けたくなかったので、今日、別の病院に検査に行ってきた。 じゃあ、超音波検査を、と先生が言う。 超音波 …

恐るべし! 健診

東京で健診。久しぶりに胃カメラを鼻から入れた。 痛いの痛いのなんのって。左の鼻の穴にぐいぐい押し込まれて、ちょっとセンセ、鼻の穴が伸び切っちゃいます、と叫びそうになったけれど、それどころじゃなくて、つんつん突っつく時に左 …

10月に湘南の海で泳ぐ

夏日? そうか、海で泳ごう! 早朝に目覚めた昨日、突然そう思い立つ。 え? 10月だよ。水が冷たくて泳げるわけないだろ、と言う夫を無視し、ふたりの水着を用意する。 朝6時過ぎに東京を出て、湘南へ。 まずは片瀬江の島駅そば …

日本の救助隊に「礼! ありがとうございました!」とメキシコ人たち

東日本大震災の直後に出会ったニューヨーカーたちが、日本人と知ると私をハグし、「日本のことを思っています」と声をかけてくれた話を、『ニューヨークの魔法のさんぽ』(文春文庫)に書いた。 その本の読者が、知り合いのメキシコ人の …

愛から憎へ。憎から愛へ。船越英一郎さんと松居一代さん

松居一代さんのことで、いろいろ考えます。「愛」は「憎」へと変わり、もう戻ることはできないのでしょうか。 夫の船越英一郎さんの裏切りがあったかどうかわかりません。 あったとしたら、それはそれは辛いことだと思います。 信頼し …

ヨットハーバーで他人同士が声をかけ合う

                        <ヨットを出す準備をする男子組。手を振るのが、ヨットの持ち主。ほかのふたりも役に立っている様子>   油壷のヨットハーバーで素敵だなと思ったこと。 昨日は紅一点で …

笑顔とため息

「はい。毎日、幸せです」と照れることなく、みんなの前で話す”新郎”。 高校時代の仲間たちが集う、毎年恒例の歌の会に昨日、参加した(観客の側だったけれど、いつか私も歌いたい!)。 この中から再婚カップルが誕生&#x1f49 …

韓国人夫婦と再会 1+1=何?

 韓国を旅した時、「恥ずかしいから、撮っちゃダメ~」と奥に引っ込んだお店のおばさん。そのあとまた出てきた時に「撮っちゃうよ~」と言ったら、こんなに素敵な笑顔💛。 3日前に東京・清澄白川の深川めしのお店で出 …

深川丼を食べながらー韓国人夫婦とのとけない魔法

昨日、初めて下車した清澄白河駅。 たっぷりのご飯に、これでもかというほどアサリがのり、アサリを煮込んだ汁をお茶漬けのようにかけた、深川丼ぶりを食べた。 4テーブルしかない、とても評判のいい、小さな庶民的な店。 まだ6時前 …

1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © Mitsuyo Okada All Rights Reserved.