「青春を生きる君へのエール」ーー聖教新聞「スタートライン」2019年総集編で、8人に選ばれました。

Just keep going and enjoy life! とにかく歩き続けよう。そして人生を楽しんで。 7月13日付の「聖教新聞」の「スタートライン」という大きなコラムで、私のことを書いてくれた記者から、一か月ほど 続きを読む…

雑誌「Premium」1月号で、『ニューヨークのとけない魔法』が紹介されました。

You made my day.君のおかげで、今日一日がとてもいい日になったよ。 誰もが知っている、中学一年で習うこんなに簡単な単語で、こんなに素敵な「ありがとう」の言葉を紡げるんです。 今、発売中の雑誌「#Premiu 続きを読む…

銀座蔦屋書店トークイベントは、お陰様で数日で満席になりました。トークのあと、フェイスブック上でのファンクラブ「ニューヨークの魔法のスクエア」メンバーの読者のAKさんが、二次会を企画してくれました。 カジュアルな二次会はい 続きを読む…

ウィスコンシン州の高校の同窓会

あの頃、英語がおぼつかず、最初は泣いてばかりいたけれど、あったかい仲間たちが助けてくれた。10か月間だけ留学したウィスコンシン州の高校。○十年目の同窓会❣️ 人口2000人くらいの小さな町だか 続きを読む…

日経新聞電子版にインタビュー記事が掲載されました。

「ニューヨークは孤独でも冷たくもなく」、「政策の是非ではなく」など言葉を足したい箇所はありますが、日経新聞電子版のインタビュー記事、ぜひお読みください。記事は事前に目を通せないのです。最後の映画の話も、まるで私が監督やる 続きを読む…

お盆に先祖への贈り物ー聖教新聞に大きく掲載されました。

今日はお盆の入り。弟夫婦と母とお墓参り。お墓を掃除して、花を添え、手を合わせる。そして行列で30分以上待って、「玄蕎麦 野中」で昼食。ここの蕎麦は艶があって美味しい。「日本っていいね」と思わずつぶやく。義妹が笑う。 忙し 続きを読む…

松山の思い出もつづるーーふらりひとりで乗ったフェリーでの出会いー愛媛新聞で紹介されました。

松山の思い出もつづるーーふらりひとりで乗ったフェリーや興居島での出会いを記すーー。今日付の愛媛新聞で紹介されました。 執筆した記者の愛媛への愛を感じるのが、私の夫のことを書くのに、必ず「新居浜市出身の…」と添えるとき。 続きを読む…

映画「ニューヨーク公共図書館」を見てきました。

映画「ニューヨーク公共図書館」を見てきました。出てきそう、出てきそう、と思っていたら! 出てきましたよ! 『ニューヨークの魔法のじかん』にも、 新刊『ニューヨークの魔法は終わらない』最後のページ(あとがき)にも登場する、 続きを読む…

錦市場を歩きます! Apple京都のイベント

京都の錦市場もiPadを手に一緒に歩きますよ! 外国人も多そうですね。 書くことが楽しくなる! アップル京都のイベント。驚異的な速さで満員になりました、とアップルのスタッフに言われ、うれしかった。 下記のリンクのイベント 続きを読む…

元気が出るメッセージ付きサイン本をー東京・荻窪で

一冊一冊、心を込めて、我が子を並べてくださった文庫担当の白川さん(左)と店長さん(右)です。 サイン本すべてに、元気が出る英文メッセージを書きましたよ。メッセージはそれぞれ違います。 ルミネ荻窪にある八重洲ブックセンター 続きを読む…