お盆に先祖への贈り物ー聖教新聞に大きく掲載されました。

今日はお盆の入り。弟夫婦と母とお墓参り。お墓を掃除して、花を添え、手を合わせる。そして行列で30分以上待って、「玄蕎麦 野中」で昼食。ここの蕎麦は艶があって美味しい。「日本っていいね」と思わずつぶやく。義妹が笑う。 忙し 続きを読む…

12/14(土)東京・池袋で講演会と親睦会を開催します。「ニューヨークの魔法のクリスマス」

🎄ニューヨークの魔法のクリスマス🎄 アンコールにお応えして、12月14日(土)、池袋コミュニティカレッジで、講演会と親睦会をすることになりました。5月に参加できなかった方たち、5月に参加し 続きを読む…

元気が出るメッセージ付きサイン本をー東京・荻窪で

一冊一冊、心を込めて、我が子を並べてくださった文庫担当の白川さん(左)と店長さん(右)です。 サイン本すべてに、元気が出る英文メッセージを書きましたよ。メッセージはそれぞれ違います。 ルミネ荻窪にある八重洲ブックセンター 続きを読む…

義母がいない、初めての父の日

2月に義母がこの世を去り、今日の父の日に義父母の最寄り駅で初めて降りた。改札を出て、いつも歩いていく道の先に、もう義母はいない。 義母が亡くなったあと、私はしばらくアメリカにいた。義父は夫と一緒に何度か食事をしたけれど、 続きを読む…

初めて、書店で泣いた。

この娘たちを迎えてくれる人に、たくさんの幸せが届きますように。そんな思いで「新刊」にサインした。英文のメッセージのあるもの、ないもの。 サインし終えて、事務所から店内に出て、娘たちはどこにいるのかな、とふと目をやると。こ 続きを読む…

母のいない初めての誕生日

お誕生日、おめでとう。お母さんのいない初めての誕生日だね。 お母さん、私の人生で最高のプレゼントをありがとう。 お母さんにもお父さんにも、そっくりだね。 ________ 【新刊の予約受付はこちら】 https://am 続きを読む…

最愛の義母が逝く

午前1時に電話が鳴った。「今、息を引き取ったよ」。 最後は声にならず、激しい嗚咽に変わった。 きっとそれまで、泣かずにこらえていたのだろう。病院から運ばれ、今は実家で眠る義母のもとから、さっき夫が帰った。 「あの時まで泣 続きを読む…

峠の釜めしで、新刊執筆も峠を越えそう

昨年のバレンタインデーに、厳冬のマンハッタンで出会ったホームレスの青年の話を推敲していたら、母が私を呼ぶ。下に降りていくと、「釜めしを買ってきた」と言う。 日本最古の駅弁屋、峠の釜めし。釜に入っているから重いのに、ふたり 続きを読む…