義母は本を切り刻む

☆6/18(日)読者との集い。詳細はこの記事の最後をご覧ください。

 

昨日、寝たきりの義母を訪ねた時、別れ際に初めて気がついた。

枕元に、カバーを外した文春文庫が1冊。『ニューヨークの魔法の約束』だった。表紙は汚れ、本はくたくたになっていた。
数週間前に病院に付き添った時、渡した本だった。ずっと痛みで苦しんでいるから、本を読むことなどできないだろうと思った。

義父が言った。「かあやんなぁ、光世さんの本、一生懸命、読んでるんだよ。カバー外してなぁ。この前、読んでた別の本は、かあやん、読み終えると、1枚1枚切りとっちゃうんだ。なかなかためになることが書いてあるなあと思って、わしも読もうと思ってたんだがなぁ」。

「お義母さん、私の本を読んでくれてたの?」

義母がうなずく。

 夫が登場するページに、付箋を貼っておいた。

「智さん、もう出てきた?」

「まだ」

「お義母さん、この本は切り取らないでね」と私が笑う。

「切り取るわけないだろ」。義母が答える。

 私の本を枕元に戻すと、その周りのシーツの上には、細かくちぎられた紙が何枚もばらまかれていた。

 1枚を手に取ってみると、聖句だった。

 義母はクリスチャン。

 読み終えると、自分の体に取り込むように、切り取っていくのだろうか。

 だったら、お義母さん。私の本も切り取ってください。

義母の枕元の写真を撮るのは、はばかられたから、私の枕元に置いて1枚ーー。この本はまだ、きれいですね。

読者主催のイベントのご案内【岡田光世さんを囲む初夏の集い】 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください