岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち ベツレヘムの「壁」とメキシコの「壁」

 2018年から19年にかけての年末年始に、初めてイスラエルを旅しました。今回も番外編「イスラエルで見聞きした『トランプのアメリカ』」をお伝えします。

岡田光世 「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 難民を支援する大統領支持者のジレンマ

ギリギリになって書き上げた連載記事がアップされました。1000文字程度、ということで依頼されたこの連載。ネット記事は長いと読む人がぐっと減るらしいのですが、書きたいことがたくさんあって、いつも長くなってしまいます。ぜひ読 続きを読む…

「トランプのアメリカ」で暮らす人たちー「国民すべてをキリスト教徒に」と願う声

この写真の教会で、私は洗礼を受け、結婚式をあげました。 今年は今日4月1日が、復活祭にあたります。 十字架にかけられて死んだイエスキリストの復活を祝う日です。 奇しくも今日は、私の父方の祖母の命日。 祖母は日蓮宗の敬虔な 続きを読む…

連載 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち NYの「例外」スタテン島に行ってみた 続編

  観光客もよく利用するマンハッタン島とスタテン島を往復するフェリー。 無料というのが驚きですね。一度、島に降りてみてはいかがでしょうか。 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち NYの「例外」スタテン島 続きを読む…

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 金正恩への「アメとムチ」めぐり揺れる評価

昨日は友人と写真を撮りに公園へ。 自然の中に小さくぽつんとふたりだけ見えるのが、なんとなく気に入りました。 余りの暑さに疲れ果てて、昨夜は10時に寝てしまい、今朝締切の連載原稿、なんとか書き終えました。 連載は、今回も北 続きを読む…

ニューヨークの五番街で女性行進に参加する

Say it loud! Say it clear! Immigrants are welcome here! (大声で言って! はっきり言って! ここで移民は歓迎、と!) 誰かが声を上げると、皆が一緒になって声を上げる 続きを読む…

アメリカの高校 思い出の卒業写真

青学高等部から米高校に留学。1年間だけなのに、皆と一緒に卒業させてくれた。大親友マリージョー(『NYのとけない魔法』におせんべいの話で登場)のお母さんが、私たちの横顔のシルエットを取り、ケーキを用意してくれた。「Cong 続きを読む…

アメリカ人の硫黄島生還者「娘が家に戻ってきたみたいだ」

硫黄島で日本軍と闘ったダンと13年ぶりに再会するために、バスで4時間かけてマサチューセッツ州に行ったとき、ダンと妻のアンの家に泊まった。 アンと一緒になってから、ダンも有機野菜などを中心とした食事に変わった。 最初の夜、 続きを読む…

「ニューヨークの魔法のじかん」(文春文庫)に東北の人たちも。

5月8日に「ニューヨークのとけない魔法」を第1弾とする「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)の第6弾が発売となります。 1年ちょっと前に発売になった第5弾もほとんどの話はNYが舞台ですが、最終章は「東北と出会う」です 続きを読む…