☕️「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫、第1弾〜第8弾まで)。世界一お節介で、図々しくて、孤独な人たち。でも、泣きたくなるほど、温かい。たった一度のあなたの人生を、もっと肩の力を抜いて生きていこう、と思うはず。どの話にもニューヨークでよく耳にする英語がちょっとだけ入っていて、ほっこりしながら英語も学べます。シリーズのどの本から読んでも楽しめます。シリーズはすべて、普通の文庫(紙)もKindleもあります。内容はAmazonでどうぞ。下のチラシをクリックすると、飛びます。

  • ニューヨークの笑顔と食ーー第1弾。
  • 最初の女性は、装いもパイナップル?
  • 5人目は、創作手巻き寿司ですね。よく見えなくてすみません。この前、紹介した、ニューヨーク・ブルックリンのウイリアムズバーグで行われる夏の食のイベント「スモーガスバーグ (Smorgasburg) 」です。写真、撮らせて、と声をかけると、「Sure!」、「え、フードだけじゃなくて、僕も? と言って、全員が笑顔を向けてくれました。ダックの皮の唐揚げとフレンチフライにダックの油のソースをかけたものは、読者の方たちにも不評?だったようですが…。