映画「ジョーカー」を観た。共感できるか。

映画「ジョーカー」で、主人公のジョーカーが踊るブロンクスの階段が、新たな観光名所になっている。ニューヨーク・ブロンクス区のシェイクスピア通り。通りの名前がまた、いい。そこに住む人たちが行き来するだけだった階段は、今や「ジョーカーの階段」と呼ばれ、世界中の人たちの聖地に。

私が映画を見終えて、トイレの列に並んでいると、前にいた20歳くらいの女性が、連れの友だちらしき女性に言った。「私がただひとり共感できたのは……」。そのあとが聞こえなかったので、「共感できたのは、誰?」と聞いてみると、「ジョーカー」と答えた。

ただただうちのめされる、スゴイ映画。次々と人を殺していくジョーカーに、「共感」する多くの人たち。私は「共感する」といえるかどうかわからないけれど、そうなっていくのはよくわかる。そうなっていくのがわかるように、描かれている。

映画のあるシーンで突然、この夏、ニューヨークで出会った人を思い出して、涙が出た。フェイスブックやブログにも書いた人。その人について、ある人が言ったことばを思い出した。ここでは書けないので、12月の池袋の講演会のときに話したいと思う。

ジョーカーに共感できるという人は多いけれど、ジョーカーのような人がすぐそばにいたら、あなたは、そして私は、どんな反応をするだろうか。

何が現実で、何が妄想か。映画を観てもはっきりわからない。最後のシーンは? それは私たちひとりひとりが、解釈すればいい。ネタばれになってしまうし、見ていない人も多いと思うので、これ以上は書かないけれど、ぜひぜひ見てほしい。

🎁🎄ニューヨークの魔法のクリスマス🎄🎁@東京・池袋コミュニティカレッジ


入場はお申込み順です。講演会30分前の開場時間とともにグランドピアノの生演奏とスライドショーが始まりますので、それを聞き(見)逃さないように、今すぐお申し込みくださいね!「ニューヨークの魔法」の真髄を語ります。朗読もお楽しみに。私も一緒に朗読する話があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください