書くのが楽しくなる!—Apple京都の限定イベント!

マンハッタンの摩天楼と少年

<お願い>

6/30 Apple京都のイベントは満員となりました。ご自分のiPad持参なら、予約なしで参加できます。iPadがない方も、当日店舗で貸し出すiPadが足りれば、予約なしで参加できます。予約完了している方はご自分のiPadをお持ちいただくと、その分、店舗の貸出iPadを「予約なしで当日来られる方」に回せるので、ご協力くださいませ。

きっと書くことが楽しくなります! Facebookの文章だって同じ。文章を書くコツ、伝授します!  

Apple京都だけの特別無料イベント! 6/30午後2時

「岡田光世に学ぶ表現力豊かなフォトエッセイ」

Apple京都で、楽しいイベントのお知らせです。京都ならではの建築様式を誇る、アップル京都。昨年8月にオープンしたばかりです。

興味のある方はすぐにお申込みいただいた方がよいかと思います。

京都でのイベントは初めて。書くイベントも私にとって初めてですが、アップルにとっても初めてとのこと。私が一番ワクワクしているかも!

下記のイベントのリンクを開き、「友だちに教える」をクリックすると、Facebook、ツイッター、メールなどでお友だちにお知らせいただけます。関西の方にぜひ、お伝えくださいね。東京からわざわざ来てくださる読者の方もいらして、本当に感謝です。週末なので京都は観光できるし、楽しんでくださいね。

「岡田光世に学ぶ表現力 豊かなフォトエッセイ」

<内容>

岡田光世に写真撮影とエッセイ執筆の簡単なポイントを習ったあと、実際に街中を探索し、そのうちの一枚をもとにiPadでフォトエッセイを書く参加型のイベント

 当日は私がどのように作家・エッセイストになったか、そして、エッセイを書くポイントを簡単にお話しします。そのあとで、アップルのスタッフが参加者の皆さんにiPadの使い方を説明し、貸し出します(自分のを持参してもOK)。それを持ってみんなで一緒に外に出て写真を撮り、アップルストアに戻って、写真に関連したエッセイを書きます。
 短い時間なので、エッセイを書き終える必要はありません(たぶん私にもそんな短時間で書けません!笑)そのあとで、発表したい人だけ2名ほどに発表してもらい、それについて私がコメントします。
 発表したくない人は、ただすわっていればいいし、作品を見せる必要もないので、何も心配せずに気楽な気持ちで参加してくださいね。とってもカジュアルなイベントなので、緊張する必要はまったくないですよ。
 では、アップル京都でお待ちしています!

<追記>

6.17現在、すでに定員を超えそう、とのことです。ただ、定員を超えても、ご自分のiPadを持参すれば参加できる。予約なしでiPadを持っていない人は、貸出しのiPadの数が足りないと参加できないかもしれないが、立ち見はできるーということらしいです。定員を超えても、シェアしてくださったアップルのイベントページから予約できるかもしれないので、ぜひ試してみてください。

<お申込みは>

<お友だちに知らせるには>

“書くのが楽しくなる!—Apple京都の限定イベント!” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください