硫黄島で戦ったドンの遺体と対面

生きているうちにドン(硫黄島で戦った元米兵)と会えなかったけれど、せめて火葬される前にと、1時間ほど離れた葬儀場へ、彼らの知り合いが連れていってくれた。

あの夜、友人のジェーンの家に辿り着けず、暗闇のなか、恐い思いを一緒にした彼が。

DonObituary                        地元紙に掲載されたドンの死亡記事に添えられた写真

 

「自宅でベッドに寝ていたままの姿です」と案内された。

ドンが横たわっていた。

「ドン、会いに来たよ」と声をかけ、赤いダルマのもう片方の目を一緒に入れた。

話しかけても、何も言ってくれないドン。やっぱり、違う。

DSCF8749

ドンの遺体が安置されていた葬儀場

 

1週間前に、ドンは希望どおりに、土葬ではなく、火葬された。

この週末、ドンの葬儀があった。今回、生きているうちにドンに会えると思って、健康祈願の緑のダルマを持っていった。

ドンに片目を塗ってもらおうと。でも叶わず、そのダルマは妻のアンにあげた。

赤いダルマは、ドンの灰と一緒に、お墓に納めてくれるという。

DSCF8719

 

【お知らせ】12月10日(土)午後6時~『ニューヨークの魔法』シリーズ第7弾刊行記念講演を東京で予定しています。その前後にサイン会と親睦会があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください