ニューヨークはニンゲン臭い街。だから私はこの街が好き。

 長年、NYを見てきて、どのようにこの街が変わったのかとよく聞かれる。1990年代以前のNYは、とてもニンゲン臭かった。

 地下鉄の車両で手品師の手から突然、ハトやウサギが飛び出してきた。2本のアンテナ付きの帽子を被った”宇宙人”が、「自分の惑星に帰りたいんです。寄付をいただければ、お礼に地球上の悪をすべて持ち帰ります」と、アンテナ付きの紙コップを手に、車内を回り始めた。

@TRMG DSCF9272
今はある意味、少しまともになった。

 最近、マンハッタンで道を尋ねたが、その女性はわからなかった。そばにいた屋台のおじさんが、「なんだなんだ、どこに行きたいんだ?」と、聞いてもいないのに声をかけてきた。教えてくれたあとで、「何で最初っから、オレに聞かないんだよ」とおじさんが少し怒ったように言う。

 NYはやっぱり、ニンゲン臭い街。だから私は、この街が好きなんだ。


💛「NYの魔法」シリーズで、最もニンゲン臭い話が多いのは、第2弾『ニューヨークの魔法は続く』です。表紙をクリックすると、アマゾンの詳細に。

2_9682964082cd91b182ad_91d1

6/4(土) 青山学院講堂で講演します。その後、読者親睦会があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください