夫の追っかけ 可愛い妻

『NY魔法』6冊と日経パネル2

 

←クリックすると、アマゾンに飛びます!

ぜひシリーズでお読みくださいね!

 

昨日の投稿の続きの話…NYの空港のゲートでストックホルム行きのフライトを待ちながら、「I hope so.(ストックホルムに行けると願ってるわ)」って?

「私、夫の追っかけなの。夫がパイロットだから、あとを追っかけてんのよ」とその女性は答える。「夫はいろんな街に飛ぶの。今回はストックホルムで四日間あるの。私はいつもスタンバイ。乗れることが多いけれど、乗れないこともあるわ」
「まあ、素敵ね」
「そう、とってもロマンチックでしょ。ファーストクラスに乗れたこともあるのよ。私、結婚前から夫の追っかけしてんのよ。夫と結婚して、34年よ」
と、私たちの目の前に制服姿のハンサムなパイロットが現れ、「席は取れたかい?」と聞き、手に持っていたカップ入りのアイスクリームを彼女に差し出す。
「あら、私にアイスはないの?」と私がからかう。
パイロットが私を見て、「クルーメンバーにご馳走しておいたから、君の面倒もよく見てくれるはずだよ」とほほ笑む。
夫が去ってから、女性が言う。「乗れなくて、一度だけ泣いたことがあるの。それはクリスマスの時。夫と一緒にクリスマスを祝えないなんて」
しばらくすると、何人かの名前が放送で呼ばれたが、女性の名はない。
二度目の放送が始まると、名前を呼ばれたらしく、女性が立ち上がり、カウンターへ向かう。戻ってくると、私に搭乗券を見せ、笑顔になる。
彼女の夫が操縦する、私にとっても特別なフライトになった。
ストックホルムに到着し、クルーメンバーにお礼を言いながら降りようとすると、ドアのところにあの制服姿のパイロットが笑顔で立っていた。

@TRG-DSCF2820 乗れるかどうかわからないのに、女性はいつもスーツケースに荷物を詰めて、空港で待っている。乗れずに、すごすごとひとり、家に帰っていかなければならないこともある。
「それなのに、なんでそんなことするのか、理解できない、って家族や友達は言うのよ」と女性は笑った。
ハンサムな夫に寄り添い、ストックホルムの街を歩き回る女性の笑顔が目に浮かぶ。

 Photo: Stockholm, Sweden

12月12日の講演会のお知らせです!

あなたを変えるNYの魔法2015

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください