ミラノ、そして東京の、とけない魔法

前回、ミラノの大聖堂前の広場を、空に向かって飛ぶ鳩の写真をアップした。

2年前にミラノを旅した直後に、たまたま、ミラノ出身の女性、ロベルタと東京で知り合った。下北沢のカジュアルなイタリアン・レストランで、ウエイトレスとして働いていた。

そのときに、ロベルタが私に話してくれたことを、エッセイにまとめ、新刊の最後に収めた。ミラノの地下鉄でのほんの一瞬の、ほんのささやかなできごとだ。それが、ロベルタの人生を変えた。

ロベルタが出会った、日本人らしきおばあさんは、まさか自分がそんな影響を与えたなんて、夢にも思っていないだろう。

今日は新年2日目。初詣や買い物に行く人々の表情も明るい。そんななか、電車に乗っていると、人身事故のニュースが流れた。

もしも、見知らぬだれかでもいい。その人に温かくほほ笑みかける人がいたら、もしかしたら、あるいは、命を絶つのを思いとどまったかもしれない。そんなことを、ふと思った。

私はロベルタの話がとても好きで、12月14日の講演会でも、最初はこのエッセイを朗読しようと思っていた。ぜひ、読んでほしい。

ショーウインドー★ミラノ                                            Photo:ファッションの街ミラノのショーウィンドー @Milan, Italy

 

♡新刊『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』(清流出版)はこちら↙

魔法のはなし 表紙 帯付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください