戻ってきました、パリからニューヨークへ。晴天ですが、湿度が低いので、日陰はとっても涼しい。だからいつものように、人々のおしゃべりをバックグラウンドミュージックに、そしてそよ風に吹かれながら外で執筆中ーー。

パリとニューヨーク、どちらも one of the greatest cities in the world ですが、フランスで「どこから来たの?」と聞かれて、New York と答えるより、Tokyo と答えたほうが、もしかすると羨ましがられるかも。

Japon そして私の出身のTokyoの名を口にすると、まるで恋人に会ったようなうっとりした顔をして、「おおー! I love Japan. Tokyo is a beautiful city. 」と行ったことがない人も皆、同じような反応をします。行ったことがないのに、どうしてbeautifulだとわかるの? と聞くと、「テレビで見た、文化も素晴らしい」「日本人は礼儀正しくて親切で、とてもいい人たちだ」、「日本の田舎も美しい」と。そして、「いつか絶対に、Japonに行きたい!」、「Japon に行くのが私の夢。でも、遠くて高くて、いつになったら行けるかしら」と。そんなふうに言ってもらうと、日本人であることが、誇らしくなりますね。私が日本人だからお世辞で言っているわけではないことは、話していてわかります。

ニューヨークに戻り、ミッドタウンのブライアントパークの木陰で休みながら、ふと上を見上げると。あれ、なんだか見慣れた木が。南仏のプラタナスと比べると葉っぱが小さいけれど、これもプラタナスなのかな? 葉っぱが大きく日陰を作ってくれるために、南仏ではあちこちに植えられていた。

何の木かなんて考えもせずに、いつも恩恵を受けていたブライアントパークのこの木。プラタナスかどうか、わかる方、ぜひ教えてください。

Bryant Park, New York City

2枚目の写真の塔のあるビルは、Empire State Building。

🍷「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫、第1弾〜第8弾まで)ー世界一お節介で、図々しくて、孤独な人たち。でも、泣きたくなるほど、温かい。たった一度のあなたの人生を、もっと肩の力を抜いて生きていこう、と思うはず。どの本からでも楽しめます。シリーズはすべて、普通の文庫(紙)もKindleもあります。内容はAmazonでどうぞ。下のチラシをクリックすると、飛びます。