岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち マスク姿のアジア人はなぜ怖がられるのか

ニューヨークでもマスクは売り切れ? 

でも街ゆく人は、なぜマスクを着けていないの? 

記事の最後に出てくる話は、この写真です。

ぜひお読みください。

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち

マスク姿のアジア人はなぜ怖がられるのか

https://www.j-cast.com/2020/02/22380359.html

“岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち マスク姿のアジア人はなぜ怖がられるのか” への1件の返信

  1. この記事をたまたま見掛けました。
    文化の違いは普段からそうなんだなぁ。と思いながら色々感じたりしていました。
    十人十色。
    私はビビりな保守的な人間なので、こうやって書く事も恐る恐るです。
    ただ、興味深くて不思議もあり書かせて戴いています。
    日本人でも、エチケットの無い人や自分だけはという人も沢山います。
    父もそういう考えなので、色々注意したりします。それでも、やり過ぎる潔癖もどうかと思いますし。
    アメリカでマスクをあまりしないのも、犯罪の違いもあるのかな?と。あまりにも、日本では平和に生きてきているので。
    でも、日本の割合で5000人インフルで亡くなったら大事ですし、インフルにかかりやすい人は父親が会社から、子供が学校からという事が多く家族に感染したりすると聞きます。
    化学的に根拠が無いなら医療関係者がマスクをする事も無いはずだし。空気感染がある以上は効果はあるから、日本での感染はそこまで高く無いのでしょう。
    手洗い、うがいは勿論ですし。不思議なのが、日本人よりもパーソナルエリアが狭いし、ハグ握手をするのに不思議です。
    腕で咳をしてもそこには菌が付着しますし。
    差別と区別の気持ちは分からなくは無いです。私も咳をしている人に近づきたくないし。でも、暴力や暴言にいく人がそれを主張する事は違うと思います。
    興味深いと思ったのは、日本は災害が多いし感染菌など目に見えない物に対して自己対策したりします。しない人が被害に合う傾向も出ています。
    アメリカ人は、銃社会で自分の身は自分でなのに、そういった部分での意識は低い事が不思議で仕方ないです。歪んで見えるというか?何故なのでしょう?
    日本は洗剤も除菌、家電も除菌、除菌スプレーも布、空気、置き型。夏に必需品な身体を拭くシートもスプレーもウォータータイプも除菌が当たり前で除菌が溢れてやり過ぎ感が否めませんが。
    だから、アレルギーの子供が増えたとか。
    昔、聞いた事で日本人は割りと香水のきつい匂いが嫌いで、日本人よりも欧米人は体臭が強い為に香水で誤魔化すと。
    今は食生活でそこまで大きな差がないので解りませんが、根本を絶つ日本人との文化の違いなのかな?
    スポーツなどで日本人の清掃を称賛される事がありますが、そもそも汚す事が少ない。日本で居ない訳ではないけど。
    それをアメリカ人が掃除の仕事が無くなると言った記事がありました。
    ゴミを拾えば、更に細かな掃除に行き届くという観点にならないのでしょうか?
    そこは人種も関係なく綺麗な方が良いのが人として普通の感覚ですよね。
    今では国際試合では色々な国がやっていて良いですが、汚さない事が前提で合って欲しいと思ったりします。
    たまに日本人は平和ボケなのか?と思ってしまいます。
    私の好きなサッカーもJリーグが延期になりましたが仕方ありません。
    元々、新型コロナを持った人が訪れた事から日本での感染に繋がっていた訳ですし、分からないから体調に異変があっても出掛けてしまったりする人もいるし。
    後、クルーズ船での対応をアメリカメディアが批判した事は納得出来ませんでした。
    一市民なので別に政府が批判されても害はありません。が初の事象に一生懸命になって対応している人に失礼だし、もう1隻は中々入港先が見つからなかった。
    日本は1隻で手一杯でした。
    しかもイギリス船籍なのにイギリスは何もなし。
    印象的だったのが、メディアに応えた乗船していた方が下船してコロナだとか、危ないと偏見を持たれるよりは、何も無いと証明されてから下船する方が良い。もしかしたら自分が知らずに感染させてしまうのも嫌だし、何かあってもすぐに対応して貰えるし。と言っていた事でした。
    確かに自分がその立場になったら、すぐに対応して貰える場所に居る事を望みます。
    自分が感染させてしまうかも、と自分の不安より他者を考えている事でした。
    メディアよりも、誰より冷静な意見持った方でした。
    ズレましたが、私自身マスクは普段からよくしています。周りに風邪が流行ればするし、メイクして居ないでちょっと出掛ける時、乾燥している時、冬は防寒にもなります。ファッションでしている人もいます。
    ですので、普段から箱で1,2ヶ月分はありマスク不足に影響無いです。
    表情が見えない嫌悪というのも分かりますが、そこも文化の違いですよね。
    日本は目が物を言う。昔はサングラスをしていると地元に帰った時は特に違和感を言われたりしました。
    日本語は単語が多く、細かいニュアンスも言葉で表現出来ますし。
    欧米人のボディランゲージもそういった部分で多いのではないかと思ったり。
    英語でも片言の日本語でも道を尋ねられると、私もボディランゲージが多くなります。最終的に案内した方が早いと思えば、案内しますが。
    この間も、サッカーを観にスタジアムに行ったのですが入り口にはアルコールスプレーが用意されていました。勿論、普段からそのスタジアムのトイレには液体石鹸もあります。
    体調が悪くなった方などはすぐに近くの係員へと案内も。普段からありますが、すぐにと付けられ。
    映像でも見ました。もしかしたら他国の方が観たら多くの人がマスクをして応援しているのは異様に見えるのかも知れないですね。
    でも、これだけ予防に対して過剰とも思われる日本でさえ感染が拡大し始めました。
    クルーズ船、湖北省から帰国した人を除けば片手位でした。
    今の韓国、イタリアでも拡大していると聞くと世界での拡大の方が多くなるのではと心配になります。
    アジア人のマスク姿を警戒するよりも、マスクは万が一の為、万が一が起こら無い為なのに。不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください