名作「タクシードライバー」

タクシーの窓から眺める夜のニューヨーク。この始まり、そして終わりが雰囲気があってとても好きだ。最後のトラヴィスの表情がいい。懐かしの映画「Taxi Driver」を観た。

トラヴィスがいつも通っているポルノ映画にベッツィーを連れていき、激怒される。

私がウィスコンシン州からグレイハウンドバスに10時間以上揺られて、ほかの留学生仲間たちと初めてニューヨークを訪れたとき、タイムズスクエア はまさにあんな感じだった。ポルノショップが軒を並べ、ミニスカート姿の売春婦がたむろしていた。夜の公園なんて、ドラッグディーラーがうようよいて、恐ろしくて近寄れない。

こわかったよ、ニューヨーク。こんなところに人が住んでいるなんて、と思った。今のニューヨークはあの頃とまったく違う。でも、ときどき、あの怖さが妙に懐かしくなる。

あれ、私がそんな時代を知っているわけ、ないよね。へへ。

池袋のイベント お早めにお申し込みください! ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください