映画「嫌な女」・・・破天荒に生きたくなる?

映画「嫌な女」について改めて書こうと思いながら、時間がたってしまった。

黒木瞳さんが原作を読み、「この小説を映画で観たい」と初めて監督した作品だという。

145873292061269884180

石田徹子(吉田羊)は一流大学を卒業し、ストレートで司法試験に合格した才媛の弁護士。

でも、堅物のところがあり、誰かと一緒にいても、余計に孤独を感じてしまう。温かみに欠ける、と言われることもあった。

一方、徹子の従姉・小谷夏子(木村佳乃)は、すぐに男をその気にさせる生来の詐欺師。

だが、初対面でも相手の心にすっと入り、困っている人には戸惑うことなく手を貸す優しさも見せる。

スクリーンショット (51)

徹子はワガママ放題の夏子に振り回されっぱなしだが、やがて……。

ふたりの性格や生き方は両極端のようだが、私たちのほとんどはそのどちらにも、程度の差こそあれ、共感を覚え、応援したくなるのではないだろうか。ほかの役も、それぞれ独特のキャラがよく出ていて、楽しんだ。私ももっと破天荒に生きてみたいかも?!

13415609_1367321713294687_7282203043473342747_o

映画についてはこちら⇒ http://iyanaonna.jp/

そして、映画でも歌われるこの歌を口ずさみながら、有楽町の街を歩きました。

https://www.youtube.com/watch?v=X84bvdnlCxA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください