火山灰とともに暮らす桜島の人たち

桜島の昭和火口で爆発的噴火が起きた。2年前に旅したとき、桜島で人々は噴火、火山灰とともに暮らしているのだと、しみじみ思った。

12669594_1264021253624734_3641374452527972755_n
 車のフロントガラスに灰が積もって前が見えない。風向きによっては洗濯物が干せない。だから、天気予報で風向きを知らせる。健康被害も心配される。

灰ですっぽり埋まってしまった鳥居が今も残る。

12698542_1264022573624602_5971020719446121264_o

灰から守るために、お墓に屋根がある。

12646879_1264022616957931_3219597609330755820_o でもきっと、鹿児島の人にとって桜島は、日本人にとっての富士山なのだろう。
「最近、東京で地震がないね」と昨夜、寝る前に夫に話したら、今朝、震度4の地震があった。そういうつもりで言ったんじゃ、ないんだよ。これからは、起きてほしいことだけ、口にしようっと。自然とうまく共存するために。
12697164_1264021280291398_7242103895022509145_o

Photos: Sakurajima, Kagoshima, Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください