車椅子のビルを偲び、娘のサラが走る!

ビルは医療ミスで脊髄を損傷し、車椅子の生活を強いられ、3年前に亡くなった。「ニューヨークの魔法」シリーズに何度も登場する。新刊『ニューヨークの魔法をさがして』のオリジナル単行本は、ビルに捧げられている。首から下が不随になりながら、毎朝、目覚めると、窓からハドソン川を眺めて、Life is good.と自分に言い聞かせるんだ、と言っていたあのビル。

子どもができなかったビルとサラは、韓国からふたりの赤ちゃんを養子として迎えた。長女のリリーは今年30歳になる。30歳の誕生日の記念に、ビルを偲び、そして、脊髄損傷に対する認識向上のために、NYのプロスペクトパークで5月30日にレースに参加する。一緒に参加してくれる人、または資金集めに協力してくれる人を募るメールが、サラから送られてきた。

@DSCF9649

これをクリックすると、ビルに会えますよ! 大好きなヤンキースの野球帽を被って!

https://www.crowdrise.com/BillLavner/fundraiser/lillylavner

右手を見ると、目標の2500ドルまであと、151ドル。寄付した人の名前が、こんなふうに現れるんですよ。10ドルから寄付できるので、関心のある方は、ぜひ! 写真は新刊『ニューヨークの魔法をさがして』で使った写真のカラー版。Central Park, New York City

This book is dedicated to Bill, who passed away on October 8th, 2012. クリックするとAmazonへ♡

帯5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください