日本の皆さんには、夜に食欲をわかせてごめんなさい、ですが、ニューヨーク・ブルックリンのウイリアムズバーグで行われる夏の食のイベント「スモーガスバーグ (Smorgasburg) 」です。ウィリアムズバーグはマンハッタンから地下鉄ですぐ。すっかりトレンディなエリアになりました。

マンハッタンの景色がこのとおり。気持ちよさそうでしょーと言いたいところですが、この前の土曜日はそれはそれは蒸し暑かった。そして翌日がセーターを着るほどの涼しさでして、風邪を引いたわけです。

夫が食べたい!と言ったのが、ダックの皮の唐揚げとフレンチフライにダックの油のソースをかけたもの!  食べているアジア系の男性に「美味しい?」と聞いたら、「油たっぷりの揚げものだよ。体に悪いものが、美味しくないわけがないだろ」と笑っていました。売っているもののなかで、もっとも体に悪そうでしたが、食べてみました。

下にソースがたまっていて、それが、間違えて塩かけすぎた? ってくらい、しょっぱいのなんのって!一気に血圧が上がりそう!  ダックの皮の唐揚げは? うーん…。ま、想像どおりの味。これで15ドルくらいだったかな。ニューヨーク、ほんと、物価が上がりました! 

この写真がそれですよー。いろいろ種類がありました。

え、食欲わかない?  「これふたりで食べたら、もう十分だね」と夫でさえ言っていましたが、美味しそうに食べていましたわー。

次の投稿では、別の食べ物とみんなの笑顔を紹介しますね!  ほかにもいろいろあるので、歩き回ってみると楽しいですよ!

☕️ 「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫、第1弾〜第8弾まで)。世界一お節介で、図々しくて、孤独な人たち。でも、泣きたくなるほど、温かい。たった一度のあなたの人生を、もっと肩の力を抜いて生きていこう、と思うはず。どの話にもニューヨークでよく耳にする英語がちょっとだけ入っていて、ほっこりしながら英語も学べます。シリーズのどの本から読んでも楽しめます。シリーズはすべて、普通の文庫(紙)もKindleもあります。内容はAmazonでどうぞ。下のチラシをクリックすると、飛びます。