ニューヨークの地下鉄で立ちながら、得意な芸を久しぶりに夫に見せていた。

舌を使って口の中でガムを広げ、パチンと音を立てる。

昔よくやっていた、数少ない私の芸(と言える?)。

夫もやってみようとするが、うまく鳴らない。

私がもう一度、得意げにやってみせる。

パチンと大きな音がする。
と、前にすわっていた黒人の男の人が、私を見上げる。

そして、私に向かって、右の親指を立てて、笑った。

彼はTシャツを着て、「New Yorker」と書かれた野球帽を被っていた。

そう。これがニューヨーカー。

昨日、アップした連載の記事。「ニューヨーク市民が恐れる、銃隠し持つ観光客」のリンクが、文の途中から始まっていました。お詫びします。こちらで全文が読めます。記事の上にある「Facebook」や「Twitter」のボタンをクリックし、シェアしていただけると嬉しいです。

https://www.j-cast.com/2017/10/29312385.html