「家族の肖像」ーニューヨークの魔法のはなし

ビルは2年前に亡くなった。「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)に時々、登場してきたサラとビル。

新刊には「家族の肖像」というエッセイが収められている。あの家族と出会ってから16年ほどの歳月のなかで、私が何よりも忘れられない一瞬を描いた。

サラのためにそれを翻訳し、英語で読み終えると、サラがひと言。

I don’t remember this.

そんなことがあったの? 覚えていないわ。あなたはいろいろなことを、よみがえらせてくれるのね。私には忘れられない瞬間だったのに、それを彼女が覚えていなかったことに、驚いた。

そのすぐあとに、サラからメールが送られてきた。

Dear Mitsi, Thank you for giving me a wonderful memory.  love, Sara

親愛なるミッツィ、素晴らしい思い出をありがとう。 ラブ、サラ


アマゾン以外のネット書店でも、新刊の予約が始まりました。
http://www.seiryupub.co.jp/books/2014/11/post-107.html

アパートPhoto: 前に私たち夫婦が住んでいたNYのアパートメント

 

岡田 光世  / Mitsuyo Okada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください