「ニューヨークの魔法」第7弾 あとは目次と写真!

ようやく先が見えてきた。

これから編集者と目次(構成)を固め、写真を選び、原稿を読み返し、まだ頁に余裕があればストーリーを増やし、原稿は月曜日に印刷所へ!

ここ1か月半ほど、これ以外はほとんど何もせず、朝から晩までPCの前にすわり、足が退化するのではと本気で心配するほど外に出ず、集中した。

「ニューヨークの魔法」シリーズ第7弾は文庫書き下ろし。

エッセイの最後の一文がピタッと決まったとき、思わずガッツポーズになる。

たぶん、体操の着地がピタッと決まる感覚に似ているのだろう。

「ニューヨークの魔法」シリーズ第7弾は、2か月前に亡くなったドンに捧げようと思う。

第6弾は、車椅子生活が10年上続いたビルに捧げた。

これはビルのベッドルームの窓から見える景色。

この風景を見て、朝、起きるとビルは、Life is good.(人生っていいものだ)とつぶやいていた。

ーー『ニューヨークの魔法のことば』(文春文庫)@DSCF9612「車椅子の人生」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください