線虫(せんちゅう)ががんの匂いをかぎ分けるーというチラシを昨夜、夫がもらってきた矢先のこと。

東京・杉並区のKクリニックで、癌を見落とされた女性が6月に肺がんで死亡していたという悲しい事件があった。

そのクリニックで、ずっと検診を受けてきた私。今年は長らく日本にいなかったので、先月末、自分が検診を受ける間際にそのことを知った。

今年は、違うクリニックで検診を受けた。結果はクリニックに出向いて医師から説明を受けると聞いていたのに、昨日、一通の通知が届いたーー。「肺がんの疑いあり。精密検査が必要です」

「肺がん以外の疾患で精密検査が必要です」という項目もあるのに、そこではなく「肺がんの疑いあり」に◯が付いている。

まさか、Kクリニックで肺がんがずっと見落とされてきた?!

6月の事件があったので、先月、Kクリニックの医師が私の過去のレントゲンフィルムに目を通し説明してくれたところによれば、肺に影はあるものの大きさが変わっていないので、心配ないという。どちらが本当なのか。

夫が急に痩せたので、その心配ばかりしていた。

「ふたりで、がんだったりして…」とのんきな夫。

「だったら遊びまくろうね」と私。

「そうそう、何もかも売って」と夫。

何もかもって、売れるもん、あんの?

それに、遊びまくる前に、治療費、取っとかないと…。

限られた命だったら、何をする?

なんて考えながらも、目の前の締切、行くべき職場があるのは、幸せなことなんだね。

間違いであることを祈りつつ、来週、クリニックに行ってきます。エンパイアステートビルも明かりを灯して、祈っていておくれ~。

<追記>
Kクリニックのサイトを見て、たった今、知ったことーー↓

杉並区医師会と協議の上、当クリニックは杉並区肺がん検診の受託を2018年10月1日以降、辞退することとなりました。

杉並区肺がん検診をご希望の方につきましては、大変お手数ではございますが、杉並区内の他医療機関をご受診くださいますようお願い申し上げます。

杉並区区民健康診査ならびにその他のがん検診につきましては、従来通り当クリニックにてご受診いただけます。