HOME > NEWS

2017.07.31

連載「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 米軍からトランスジェンダーを排除する理由

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 米軍からトランスジェンダーを排除する理由 アップされました。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.07.20

連載「トランプのアメリカ」で暮らす人たち セントラルパークの自動車修理工(下)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち セントラルパークの自動車修理工(下)アップされました。

この連載では、人々が何を思い、暮らしているのか、なるべく中立な立場でお伝えしたいと思っています。

セントラルパークで偶然、出会ったこの男性。
リベラルでポリティカリ―コレクトのニューヨークで、しかも30代と若いのに、

日本に対する嫌悪感をこれほど率直に日本人の私にぶつけてきたことに、

正直、私も驚きました。

”反日”記事と批判する複数の人たちに「これは作り話だ」と
コメントされましたが、男性との会話はきちんと録音してあります。

第二次大戦を知る世代、そして彼のように苦しんだ人を
知っている人たちのなかには、今もこのように感じている人たちがいる。

何を今更、と日本人は思うかもしれないけれど、
ニューヨークを離れれば、そういう人は決して少なくない。

でも、それはなかなか日本人の耳に入ってこないというだけで、
私たちは日本人として知っているべきだと思うのです。

フィリピン攻略戦の総指揮官だった本間雅晴氏は、
人道的で「捕虜を虐待するな」と命じていたが、
それは部下まで浸透していなかった。
本間氏は「バターン死の行進」の責任を問われ、処刑された。
それも書きたかったのですが、言葉が足りないといろいろ誤解も生みますが、
文字数に制限があり、かないません。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.07.09

連載「トランプのアメリカ」で暮らす人たち セントラルパークの自動車修理工(上)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち セントラルパークの自動車修理工(上)アップされました。

この連載では、人々が何を思い、暮らしているのか、なるべく中立な立場でお伝えしたいと思っています。

この男性は、まるで私に会うことを事前に知ってでもいたかのように、日本について知識がありました。

原爆うんぬんなど、書くことに抵抗はありましたが、日本が第二次世界大戦末期に原爆の開発を進めていたこともあり、引用しました。

新聞では使われている表現かと思いますが、Googleでは広告NGワードで、「レイプ」ならなんとかすり抜けられる、ということで、編集部で表記を変えられました。

こうした原稿も、広告と同じルールなのでしょうか。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.06.26

連載「トランプのアメリカ」で暮らす人たち NYの「例外」スタテン島に行ってみた(完)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち NYの「例外」スタテン島に

行ってみた(完)アップされました。

「スタテン島」の話は、今回で最終回です。


お読みいただければ、うれしいです。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.06.19

連載「トランプのアメリカ」で暮らす人たち NYの「例外」スタテン島に行ってみた(その3)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち NYの「例外」スタテン島に

行ってみた(その3)アップされました。

「スタテン島」の話は、今回(その3)で終える予定でしたが、

最後の事件については、次回(その4)で書くことにしました。
この連載では、ごく普通の人たちが今、何を思っているか、

伝えられたら、と思っています。


お読みいただければ、うれしいです。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.06.12

連載「トランプのアメリカ」で暮らす人たち NYの「例外」スタテン島に行ってみた 続編

観光客もよく利用するマンハッタン島とスタテン島を往復するフェリー。
無料というのが驚きですね。一度、島に降りてみてはいかがでしょうか。
岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
NYの「例外」スタテン島に行ってみた 続編
記事がアップされました。お読みいただければうれしいです。
この連載では、ごく普通の人たちが今、何を思っているか、

伝えられたら、と思っています。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.05.09

連載「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 金正恩への「アメとムチ」めぐり揺れる評価

「岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち」。
ぜひ記事をお読みください

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.05.08

連載読者主催のイベントのご案内【岡田光世さんを囲む初夏の集い】

「ニューヨークの魔法のスクエア」(有志の読者の集まり)主催のイベントが予定されています。


皆さんにお会いできることを、心待ちにしています。

ひとりで参加は不安? 「そんなふうに思っていて、損した」と

参加された人たちはいつも会場で笑っています。

皆さんもぜひ、笑顔の輪に入って、一緒に楽しみましょう。

ニューヨークに行ったことがない? 

じつは、ほとんどの読者は、そうなんです!


ご家族と、お友だちと。カレと。おひとりで。どなたでも、参加できますよ。

イベントの詳細は下記に。

「ニューヨークの魔法のスクエア」はFacebookのグループなので、

正式なご案内はそちらに掲載されていますが、FBをされていない方は、

AKさんのメルアドまでご連絡ください。

ak_eigo@yahoo.co.jp

【岡田光世さんを囲む初夏の集い】 

 岡田光世ファンクラブ「ニューヨークの魔法のスクエア」主催のイベント


「岡田光世さんを囲む初夏の集い」を次のとおり企画しました。

ご主人の塩ボーこと、塩崎智さんも参加してくださいます!


日時:2017年6月18日 午後4時~6時まで


場所:カフェ&ダイニング フィリア(青山学院キャンパスに隣接)

渋谷区渋谷区渋谷4丁目4番25号 📞 03-3409-8187 

http://miil.me/v/496346

ブッフェスタイルの食事とフリードリンク(お1人3500円 : 2時間)というありがたく、

そして美味しいmealと共に、岡田光世さんと塩崎智さんを囲んで

楽しい時間を過ごしましょうという素敵な企画です(^_^  


岡田さん御本人とお話できる絶好のチャンスです!
ファンの皆さん、今回はカジュアルに食べて飲んで話して笑って

という時間を楽しみましょう。


おひとりでのご参加、初めてだから不安という方もいらっしゃると思いますが、

ご安心くださいね(^_^)


来ていただけたら大丈夫、「楽しかった」「来てよかった」となること間違いなし❣️


お店の関係上、ご参加いただける人数にはどうしても制限がございます。

お早めにお申し込みください。


 お支払いは当日、会場受付でお願いします。


 お友達やご家族と一緒に参加される場合は、

コメントかメッセージにてお知らせください(^_^)


 それでは 担当のAK でした(^_^)
 See you there!! It’ll be fun for sure!!


昨年6月に同じレストランで行われた親睦会、

そしてその前に青山学院講堂で行われた礼拝・講演会の様子はこちらを☟

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.05.02

連載「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「北朝鮮へ武力行使」世論支持が半数超えた

「岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち」。今回は対北朝鮮です。米世論は?
緊迫した状況が続いています。私たちはどう対処すればいいのでしょうか。
ぜひ記事をお読みください

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.04.02

4/22(土)東京・渋谷で「春の朗読コンサート」があり、『ニューヨークの魔法の約束』が朗読されました。

自分のエッセイを、こんな形で表現してもらえるのだ、という新鮮な体験だった。

シリーズの第7弾『ニューヨークの魔法の約束』(文春文庫)から、

朗読家の4人がそれぞれ個性豊かに、別々のエッセイを読んでくれた。

どの話も聞きながら、その時の場面が頭に浮かび、

その時、出会った人たちを思い出し、

そして、こんなにも私のエッセイを読み込んで練習し、

演出してくれている朗読家の方たちに感激し、涙しながら聞いた。

「あなた、それでも日本人?」は、私が盆栽を枯らせたと、サラにこっぴどく叱られた話。

サラの年齢がエッセイには出てこないから、実際よりかなり若い女性のように聞こえ、

演出も朗読の域を越え、演劇のようで楽しかった。


このシリーズでは、私は会話に「」をほとんど使っていない。

「 」がないほうが、より自然に感じられ、「書かれたもの」であることを

読者が意識しにくい気がするからかもしれない。

朗読の台本には「 」が書かれ、誰のせりふか一目でわかるように、

サラの会話の冒頭には「サ」と書かれていた。

誰のせりふかわかりやすくするため、

朗読ではサラと私の口調に大きく変化を付けていた。
「花売りに起きた奇跡」は、起きたことを傍観者として淡々と描いているので、

落ち着いた口調で淡々と朗読された。

私が想像していた「朗読」に最も近いものだった。


「花嫁にキス、ですか」は、夫と私が市役所で籍を入れた時の話で、

あの時のことを思い出し、笑いながら楽しく聞いた。

本番前に、「司式者、司式者」と何度も練習しているので、「なぜ?」と尋ねると、

「シ」の音が2つ続くので最初の「シ」は音を出し、

次は出さないことにしたから・・・という返事だった。


「ランチのおかずは、街ゆく人たち」は、韓国系のグレイス先生とランチした時の話。

先生は韓国語訛りの日本語と英語を話すので、語り口は違うけれど、

先生の雰囲気や思いがとてもよく出ていた。
ピアノの演奏がエッセイの雰囲気によくマッチしていて、

音響もよく、素晴らしかった。

ほかのエッセイも朗読で聞いてみたい。

そして、最近、ニューヨークで出会った数々の人たちの話も

早く書いて、読んでもらいたい、と私も燃えました!

仕事や家庭を抱えながら、丁寧にエッセイを読み込み、

準備や練習にたくさんの時間を費やし、

貴重な体験をさせてくださったこと、心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

どの方の朗読も、存分に楽しませていただきました。


そして、週末の朝早くからお越しいただき、一緒に聞いてくださった皆さん、

ありがとうございました。


ほかの方の作品も読んでくださいましたが、

今回は私の作品だけの感想で、お許しください。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.04.02

J-CASTニュースの連載 トランプのアメリカで暮らす人たち ウォール街の「少女像」が巻き起こした議論

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
ウォール街の「少女像」が巻き起こした議論」が、
アップされました。

J-CAST

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.02.19

『ニューヨークの魔法の約束』春の朗読コンサート&私のミニトーク

ブログでのお知らせが遅れてしまいましたが、4月22日(土)に、
『ニューヨークの魔法の約束』(文春文庫)の朗読+音楽+私のミニトークがあります。

残席ごくわずか、とのことですので、興味のある方はすぐにお申込みください。

ご予約: 出演者(前尾津也子、久木崎なお江、大幡かおり、Saigottimo、横山一恵) 
もしくは maeo2010@gmail.com まで

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.02.19

J-CASTの新連載 第5回 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「安倍首相の表情、実はこう見られていた」

ニューヨークのワシントンスクエアパークで昨日午後1時から、

反トランプのデモーGeneral strike against Trump rally – NYCーがありました(写真)。

教師や親、生徒たちが参加できるように、この日、休校にした学校もあります。

仕事を休んで、参加した人たちも。

NYのあちこちで、毎日のようにデモが行われています。

デモについてではありませんが、連載「岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち

ー第5回「安倍首相の表情、実はこう見られていた」がアップされました。

J-CASTの第5回

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.02.12

J-CASTの新連載 第4回 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「スーパーボウルCMに見る米国企業の意思」

アメリカのテレビで、安倍首相とトランプ大統領の握手の様子が、何度も流れています。

日々、トランプ関係で何かが起きている今。書くことも追いつきません。

1週間前のスーパーボウルのことですが、新連載「岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち」がアップされました。

第4回 スーパーボウルCMに見る米国企業の「意思」ーー。

私はここ、タイムズスクエアのスポーツバーにわざわざ観戦に行ったというのに、最後の大勝利の瞬間を見逃しました( ^ω^)・・・。

ハーフタイムでパフォーマンスしたレディ・ガガ

J-CASTの第4回

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.02.08

2月末公開のNY舞台の映画『素晴らしきかな、人生』に私のコメント

ニューヨークが舞台の映画『素晴らしきかな、人生』(Collateral Beauty)の試写会に昨年12月に招待され、

”ピーコさん”などと一緒に私のコメントが載っています。

「一年で最も美しい冬のNYで、人は人に癒される」ーー。日本では2月25日公開ですね。

美しいニューヨークの街のシーンの数々に、きっとここを訪れたくなると思いますよ。

ファッションにも注目です💛

CinemaCafe.net

LiLiCo&ピーコら『素晴らしきかな、人生』を絶賛!「幸せへの近道がみつかるかも」

映画『素晴らしきかな、人生』本予告

映画『素晴らしきかな、人生』本予告【HD】2017年2月25日公開

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.02.05

J-CASTの新連載 第3回 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「五番街、警官も支持するベトナム戦争以来のデモ」

新連載「岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち」。

オンラインのJ-CASTニュースです。
第3回「五番街、警官も支持するベトナム戦争以来のデモ」ーー。
人込みを抜けてブランドショップの男性店員や警官とも話しました。

J-CASTの第3回

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.01.28

J-CASTの新連載 第2回 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「NYの共和党支持者が抱く孤独と不安」

新連載「岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち」が始まりました。

オンラインのJ-CASTニュースです。
第2回は「NYの共和党支持者が抱く孤独と不安」。
新刊『ニューヨークの魔法の約束』の

「海老蔵かトランプか」と「ヨッ、大統領!」に登場する夫婦です。

『ニューヨークの魔法のじかん』では、「消えたフレッド君」「バナナが怖い」に登場。
話に出てくるこのバナナの「フランチェスカ」ちゃんは、ロブのいたずらです。

きっとイメージが違うでしょうね~笑。

J-CASTの第2回

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.01.23

J-CASTの新連載 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち が始まりました。

第1回は「ドナルドが好きなの?」5歳の娘がママに聞いた、です。

J-CASTの新連載

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2017.01.11

文春文庫「文春図書館 著者は語る」に掲載されました。

高校生で初めてアメリカに留学した時、言われて驚いたのはこの言葉でしたーー。

“文春砲”で知られる「週刊文春」の「文春図書館 著者は語る」で、

新刊についてインタビューが掲載されました。本日発売号です!


渋谷センター街をパレードした母校・青学の箱根駅伝チームの

写真も偶然、同じ号で嬉しいです。

著者インタビューで、「アメリカで、何をやっても褒められるので驚いた」

と答えていますが、私を育ててくれた日本の家族は”真逆”なので、とくにそう感じたのでしょう。

祖父母にも母にも、何をしても叱られていました!笑

新刊ができ上がり、新刊を母に1冊あげて1か月になりますが、

さっき、「読んだ?」と聞いたら、「目次だけ」と。

正直、ちょっと寂しいですが、母には母なりの愛情表現がある。

そう思うようにしています。

でも、そういう家庭で育ったからこそ、

日常で起きるほんのちょっとしたひと言に、

ちょっとした触れ合いに、心を揺さぶられるのかもしれない、

とも思います。

人生、何が幸いするかわからないですね。

昨日あたりからようやく元気になりました。またバリバリ、書きますね!

今日は1が続くいい日💜 遅ればせながら、1年のいいスタートを切ります。

シリーズ2弾、3弾が増刷になり、ちょうど見本が届いたので、一緒に撮りました。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.12.27

ニューヨークの魔法にかかった私たちー『ニューヨークの魔法の約束』刊行記念座談会

読者3人に文藝春秋社に集まっていただき、座談会が行われました。
その様子が、文藝春秋の本の話Webにアップされました。

著者の私にも編集者が、アップされる前にゲラを読ませてくれ、
「何かありましたら」と言ってくれたのですが、「素晴らしいです。
これ以上、何も言うことはありません」とお伝えしました。


「ニューヨークの魔法」シリーズを、こんなに魅力たっぷりに伝えてくださって!


そして、3人の写真の素晴らしいこと!


今回、どなたにお願いするか、編集者は頭を悩ませていました。
魔法シリーズを愛してくださる皆さん全員に、ご参加いただきたいくらい、
私も悩むと思います。


お忙しいなか、ご参加くださった池原さん、角田さん、中山さん、感謝の思いでいっぱいです。
最高のクリスマス・プレゼントを、いただきました

座談会はこちらから 本の話WEB『ニューヨークの魔法の約束』刊行記念座談会

「ニューヨークの魔法」シリーズの各本の特徴と日本経済新聞の紹介記事。
画像をクリックするとアマゾンへ飛びます。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.12.09
2016年12月10日(土)J-WAVE RADIO DONUTSに出演します。

12月10日(土)朝10時頃〜10時半までの間、ラジオ81.3FM [J-WAVE RADIO DONUTS]で話します。

初めてNYを訪れた〇年前のエピソード、新刊のタイトルに込めた思いなど。


音楽などを挟んで紹介されます。


ぜひ、聞いてくださいね。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.12.01
新刊『ニューヨークの魔法の約束』(文春文庫)いよいよ発売です!

いよいよ発売です! すでに読んだ方から嬉しい感想が届きました。

Okada Mitsuyo

「どんな人の人生にもドラマがあって、光世さんはそれを見つけて光を当てるのがうまい。

何気なく過ぎていく日々が光世さんのフィルターを通すと

素晴らしい瞬間に輝き、切り取られる。

Okada Mitsuyo

私にもこんな出会い、瞬間が起きるんじゃないかしら、

起きたらいいなぁと思うから、みんなこのシリーズを読み続ける。

Okada Mitsuyo

光世さんの文章だと素直にすっと入ってくるのもいい。

Okada Mitsuyo

グレイス先生やドンの話があったので、より深くずっしりと胸に迫りました。

Okada Mitsuyo

それぞれの話で1冊読みたい。

あ~それぞれの話に感想がたくさんあるんですよ!」

Okada Mitsuyo

💛そう、どんな人にも輝く瞬間がある。

それを多くの人に知ってほしい。

Okada Mitsuyo

『ニューヨークの魔法の約束』

(文春文庫、630円+税:解説:加藤タキ、装画:上杉忠弘)

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.11.13
湘南にニューヨークの魔法をかけよう

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

湘南Tサイトという素敵な空間で出版記念イベント!

Okada Mitsuyo

新刊の裏話、魔法の話に加え、”岡田光世オススメのニューヨークの旅”についてお話します。

たった一度だけNYに行けるとしたら、私ならどんな旅をするか。どうぞお楽しみに💛

こちらは明日から、蔦屋書店でお申込み開始。0466-31-1510 までお電話を。

Okada Mitsuyo

【12/17 Sat. 出版記念イベント~湘南をニューヨークの魔法にかけよう~】

Okada Mitsuyo

詳細はこちらで☟

http://addblue.co/blog20160921

Okada Mitsuyo

ほかにも、”岡田光世のかわいーい?! 顔クッキー (。☌ᴗ☌。)”(どんなんだ?)

などのプレゼント付き。

Okada Mitsuyo

すぐにお申込みいただけたら、『ニューヨークのとけない魔法』の表紙のポストカードも、

かわいいクリップ付きでプレゼントできます!

Okada Mitsuyo

新刊本付きコースはかなりお得ですよ!

Okada Mitsuyo

池袋よりこちらのほうが定員が少ないので、お早めに💛

この新刊の表紙をクリックすると、

文藝春秋社のサイトへ

(新刊の目次などの詳細、ネット書店へはこちらからどうぞ)

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.10.13
『ニューヨークの魔法の約束』、好評予約受付中です!

『ニューヨークの魔法の約束』(文春文庫)は、12月1日発売。好評予約受付中です!

Okada Mitsuyo

お陰様で多くの方が読んでくださり、ロングセラーとなった

「ニューヨークの魔法」シリーズの第7弾です。

Okada Mitsuyo

アマゾンなどのオンライン書店で、すでに多くの方が予約してくださっています。

本当にありがとうございます。

Okada Mitsuyo

今回も表紙の装画は上杉忠弘氏の作品。

新刊のこの表紙をクリックすると、文藝春秋のHPで詳細や目次が読めます。

そこから、アマゾンなどのネット書店に飛べます! 

ぜひ、お早めに💛(在庫がなくなるよ~!)

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

💗💜 出版記念イベントが2つあります。ぜひ、いらしてくださいね。

Okada Mitsuyo

①【12/10 Sat. 出版記念サイン会・講演・親睦会】こちらはすでにお申込みが始まりました。

お問い合わせ、詳細、申込方法はこちらで☟

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

②【12/17 Sat. 出版記念イベント~湘南をニューヨークの魔法にかけよう~】

Okada Mitsuyo

詳細はこちらで☟

http://addblue.co/blog20160921

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.10.06
12/10(土)出版記念サイン会・講演会・親睦会 @東京・池袋コミュニティカレッジ

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

『ニューヨークのとけない魔法』をはじめとする

「ニューヨークの魔法」シリーズは、お陰様で

35万部突破しました。

Okada Mitsuyo

シリーズ第7弾の出版を記念して、講演します。

Okada Mitsuyo

講演前に、書籍販売とサイン会、講演後に読者との

親睦会があります。時間は下記に。

Okada Mitsuyo

NYは、街を歩き始めた途端、自然と笑顔になる。

きっと、遠い昔、自分もこんなふうにのびのびと、

“気持ち”で行動していた事、好奇心に満ちていた事、

純粋に人生を楽しんでいた事を、

思い出すからだろう。

人の目にどう映るかではなく、

自分がしたいからする。

Okada Mitsuyo

そして、孤独な大都会なのに、

人との触れ合いに満ちている。

NYの人たちは意外にお節介で温かく、

相手を思いやる。

Okada Mitsuyo

よりよい自分になるため、

よりよい関係を人と築くために、

努力を惜しまない。

”とっておきのNYの魔法の話”のほか、

今回はニューヨーカーから学んだ、

パートナー(恋人や夫婦)、親、子どもなど

家族を含む人とのつき合い方、人生を楽しく生きるヒントを、

楽しく語ります。居眠り? しませんって!

Okada Mitsuyo

昨年12月の講演会の様子  池袋コミュニティカレッジにて

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

昨年12月の親睦会の様子  池袋コミュニティカレッジにて

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

(1)書籍販売とサイン会:15:30~

(2)講演会:18:00~19:30

(3)懇親会:講演終わり次第19:45頃~21:30

Okada Mitsuyo

受講料・懇親会費(税込):

(1)講演会:3,304円(学生2,224円)

(2)懇親会:3,000円

Okada Mitsuyo

会場:池袋コミュニティ・カレッジ

東京都豊島区南池袋 1-28-1 西武池袋本店別館8階

電話 03-5949-5481

(詳細問い合わせはお気軽にこちらまで)

Okada Mitsuyo

申込み:池袋コミュニティカレッジまで

電話 03-5949-5481(担当:山崎、松本)or

以下のWebサイトからお願いいたします。

http://cul.7cn.co.jp/programs/program_768624.html

お申し込み

Okada Mitsuyo

かわいいので、私ももう1冊、買います!

Okada Mitsuyo

注)お知り合いやご家族とともに複数でお申し込みの場合は、

池袋コミュニティ・カレッジにお電話ください。

Okada Mitsuyo

池袋コミュニティカレッジでの申込・支払いをもって、

手続き完了となります。皆さんにお目にかかれるのを、

心から楽しみにいています!

Okada Mitsuyo

ご家族やお知り合いを誘って、ぜひいらしてくださいね! お申込みはお早めに!

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.09.10
『ニューヨークのとけない魔法』秋の100冊フェア期間限定でオリジナル帯

Okada Mitsuyo

文春文庫「秋の100冊」フェア。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

そのうちの限られた本だけ、オリジナルの帯が付きました。

いつもピンクの帯が初めて、期間限定で今だけオレンジになりました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

手元に届いたとき、きれいで感動しました。

今月はじめより全国の書店で展開されていますので、ぜひお求めくださいね。

期間が過ぎたらまた、ピンクの帯に戻ります。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

かわいいので、私ももう1冊、買います!

Okada Mitsuyo

出版記念講演】12月10日(土)午後6時、

『ニューヨークの魔法』シリーズ第七弾刊行記念講演が東京で予定されています。

(サイン会は午後3時半頃~の予定)。

詳細、お申込み、お問い合わせは下記のサイトをご覧くださいませ。

どなたでも参加できます。

Okada Mitsuyo

ベストセラー・エッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズ第7弾出版記念講演

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.07.04
『ニューヨークのとけない魔法』(文春文庫)が33刷になりました。

Okada Mitsuyo

母(私)にとって、嬉しいお知らせ。

長女『ニューヨークのとけない魔法』に重版がかかりました。

明日の奥付で33刷が世に出ます。

Okada Mitsuyo

文春文庫「秋の100冊フェア」に選ばれたので、増刷の部数がいつもの3、4倍と多く、

これもうれしいです。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

こんな日が来るとは、本当に夢にも思わなかった。読者の方がご自分で読むだけでなく、

「読んでみて」とお友だちや家族、上司の方などにプレゼントしてくださり、

魔法はこんなにも大きくなりました。

Okada Mitsuyo

ありがとうございました。

黄ばまないようにビニール袋に入れて、初版から保管してあるので、初めて撮影してみました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

初版を持っている方がいらしたら、ぜひ知りたいなぁ。

皆さん、本当にありがとう。

Okada Mitsuyo

今、第七弾、数日前から本腰を入れて書き始めました

(遅いんだよね、いつも本腰入れるのが…(編集者))。

12月初旬刊行予定です。

間に合うんだろうか、とやや不安になりつつ、只今、必死にやっております。

Okada Mitsuyo

間に合わせます! って!

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.06.05
2016年6月4日、青学同窓生と読者が祈りの時をともにする。

Okada Mitsuyo

こんな素晴らしい機会は、最初で最後だろう。

多くの同窓生、そして読者の人たちとともに礼拝をもった。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

心をひとつにして、礼拝の始まりを静かに待ち、祈り、賛美歌を歌い、

お説教に耳を傾けながら、幸せな豊かな思いに満たされた。Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

読者の方たちは、「同窓会なのに、こうしたひと時を分かち合わせてもらえて、うれしかった」

「賛美歌に心が安らいだ」「子どもの頃の思い出がよみがえった」と感想を寄せてくれた。

そして、聖歌隊の歌声がとても美しかった、とも。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

同窓生たちも、多くの読者が礼拝からともに参加してくれたことを喜んだ。

講演後の親睦会は、本来、同窓会組織とはまったく別の企画なのに、

「同期の仲間たちが読者ひとりひとりに声をかけ、気を配ってくれていたよ」と、

そばで手伝った夫が、あとで何度も私に話していた。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

今回、実行委員だった同期の仲間は、一年以上前から準備を始め、

私の知らないところでいろいろ苦労もあったはずだけれど、素晴らしいのは、

いつも笑顔を忘れず、前向きなこと。

講演会も、壇の上から懐かしい笑顔が見えたから、

リラックスしてニューヨークの魅力を伝えることができた。


親睦会の会場には、たくさんの読者の笑顔があふれていた。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

「ニューヨークの魔法」シリーズの編集者は、「青学の同窓生の団結力がすばらしいですね」と

感心していたし、親睦会のレストランの責任者は、「読者の人たちの一体感がすごいですね」と

驚いていた。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

この日のために、毎週、会合を重ねてこられた大先輩の中等部同窓会の幹事の方たち。

実行委員の同期の仲間たち。そして全国から集まってくれた読者の方たち。

親睦会を支えてくださったファンクラブの方たちへ。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

私から心を込めてーー。

Okada Mitsuyo

ありがとうございました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.05.18
ラジオ放送FEBCインターナショナルでのインタビューが聴けます。5月20日まで。

Okada Mitsuyo

ラジオ放送FEBCインターナショナル(AM1566kHz)の「コーヒーブレイク・インタビュー」で、

「ニューヨークの街、そこに住む人たちの魅力、キリスト教と私」について語りました。

5月20日まで期間限定でこちらで聴けます。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

「コーヒーブレイク・インタビュー」はこちら

Okada Mitsuyo

*******

Okada Mitsuyo

💜青山学院講堂で講演します。その後、レストランで、読者の皆さんとの

親睦会も予定しています。ぜひ、いらしてくださいね。

Okada Mitsuyo

青学での講演会の詳細は、下記をクリック。

講演会のお知らせはこちら

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.04.09
黒木瞳さんとの爆笑ラジオ対談がここですべて聴けます。

Okada Mitsuyo

マンハッタンの42丁目を走る地下鉄シャトル。

こんな楽しい電車に巡り合いました。

車両に足を踏み入れると、そこは別世界。

このカラフルさに、とってもハッピーな気分に! 

まさに、日常に彩を添えてくれます。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

黒木瞳さんとのラジオでの対談、

爆笑続きで、本当に楽しい収録でした。

早起きして聴いてくださった皆さん、ありがとうございました。

It meant a lot to me.

放送を聞き逃した方は、こちらから一週間分すべてが聴けます

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

「ニューヨークの魔法」シリーズに登場する人たちは、

私たちに元気をくれます。彼らに接すると、人っていいな、と思います。

黒木瞳さんとの楽しい会話で元気になってもらえるように、

この投稿をシェアしていただけると、とても嬉しいです。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

*******

Okada Mitsuyo

💜青山学院講堂で講演します。その後、レストランで、読者の皆さんとの

親睦会も予定しています。ぜひ、いらしてくださいね。

Okada Mitsuyo

青学での講演会の詳細は、下記をクリック。

講演会のお知らせはこちら

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.03.29
黒木瞳さんのラジオ番組にゲスト出演します! 4月4日(月)〜8日(金)

Okada Mitsuyo

女優の黒木瞳さんのラジオ番組にゲスト出演します。来週1週間5日続けて、「ニューヨークの魔法」シリーズについてお話しします。

Okada Mitsuyo

黒木さん、とてもチャーミングな方でした。収録中、ふたりで笑いっぱなし。本当に楽しい時間でした。

Okada Mitsuyo

黒木さんのツボがなぜか、”塩坊”と”羊の頭”で困りました! ほかの話をしていても、そこに話が戻る!

Okada Mitsuyo

”塩坊”は私の夫の高校時代のニックネームで、今もそう呼んでいます。羊の頭は、夫がニューヨークのギリシャ・レストランで注文した、その日のランチスペシャル。衝撃的でした。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

1週間分、1度に収録。収録後、同伴した文藝春秋編集者とランチしながら、編集者が、「火曜日の放送は塩坊の話だけですよね。その日だけ聴いた人は、いったい何の話?って感じですよね…」と笑っていました。

Okada Mitsuyo

早起きして、ぜひ、聴いてくださいね! 黒木さんとのエピソード、羊の頭の写真、またアップしますね。

Okada Mitsuyo

出演する番組の詳細はこちらです☟

ニッポン放送 ENEEOSプレゼンツ あさナビ

放送日程   4月4日(月) ~ 4月8日(金)

放送時間   朝6:43 ~ 6:05

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

こちらに、講演内容の詳細を追加しました。

講演会のお知らせはこちら

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.03.26
2016年6月4日(土)講演会の会場変更。「青山学院講堂」となりました。

Okada Mitsuyo

 青山学院での講演会の会場が変更になりました。「青山学院大学ガウチャー記念礼拝堂」ではなく、「青山学院講堂」となります。

どちらも東京・青山キャンパス内にあります。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

こちらに、講演内容の詳細を追加しました。

講演会のお知らせはこちら

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.02.17
青山学院大学の記念礼拝堂で講演します。読者親睦会も。2016年6月4日(土)

Okada Mitsuyo

 青山学院大学ガウチャー記念礼拝堂で、礼拝のあと、講演します。

青山学院中等部同窓会の集い「緑窓会の日」のイベントですが、読者の方もご参加いただけます。

Okada Mitsuyo

私の人生の転機、そして原点が、高等部から通った青山学院です。

せっかくの機会ですので、できれば、ともに礼拝から参加し、私を育んでくれた校風に触れていただければ嬉しいです。

Okada Mitsuyo

講演のあと、同窓生は先生との茶話会へ。読者の皆さんは「読者と岡田光世の親睦会」があります

(主催:「ニューヨークの魔法のスクエア」(岡田光世ファンクラブ)。

Okada Mitsuyo

[緑窓会の日-礼拝~講演]

◇ 礼拝 説教 讃美歌 パイプオルガン演奏 1:30~2:15pm (1:00pm受付開始)

◇ 講演2:30~3:30pm(講演から参加も可)

タイトル:「ニューヨーク的生き方のすすめー日本人の心の扉を開く」

講演者:岡田光世

場所:青山学院大学ガウチャー記念礼拝堂

No.36の建物です。↓

http://www.aoyamagakuin.jp/access/campusmap.html

Okada Mitsuyo

[読者親睦会]

◇親睦会:4:00~6:00pm

場所:アイビーホール1階 レストラン「filiaフィリア」(青山学院すぐ隣)

Okada Mitsuyo

会場リンク→ https://www.ivyhall.jp/restaurant/

Okada Mitsuyo

アクセス→ https://www.ivyhall.jp/access/

Okada Mitsuyo

★申込方法:申込み内容に応じた金額を、下記の口座にお振り込みください。

とくに親睦会は人数に限りがあるため、定員になり次第、締め切らせていただきます。

Okada Mitsuyo

□ 礼拝・講演会:1,000円(青山学院在校生は無料)

□ 親睦会:3,500円(立食ブッフェ+飲み放題)

■ 礼拝・講演会 と親睦会:計4,500円

Okada Mitsuyo

★振込先

◇ ゆうちょ銀行から振り込む場合

ゆうちょ銀行

記号10100 番号69370791 名義イトウ トシヤ

Okada Mitsuyo

◇ 他行から振り込む場合

ゆうちょ銀行

店番018(店名〇一八:ゼロイチハチ)

普通 口座番号6937079 名義 イトウ トシヤ

Okada Mitsuyo

★お願い

(1) 礼拝中の入堂は、なるべくご遠慮ください。

(2) 礼拝中に献金袋が回ってきますが、献金はあくまでも任意で、金額もお気持ちでいくらでも結構です。

紙などに包まずそのまま袋に入れ、隣の人に回してください。

献金は青山学院中等部新礼拝堂パイプオルガン購入とタイのハンセン病患者のために役立てられます。

Okada Mitsuyo

★ぜひいらしてくださいね。お知り合いとご一緒でも、おひとりでも! 

親睦会におひとりで参加でも、皆さん、いつもすぐに友達になりますから、大丈夫ですよ💛!

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.01.30
『ニューヨークの魔法のことば』(文春文庫)が朗読されました。

Okada Mitsuyo

冷え切った心も温まります💜

Okada Mitsuyo

会が終わった時、観客にいらした高齢男性が、「いつでもどうぞ」と私に腕を差し出されました。

素敵なセンスをお持ちですね。

YouTubeにアップされたばかりです。ぜひお聴きください。

Okada Mitsuyo

YouTube 朗読「ニューヨークの魔法のことば」より 佐藤啓子

Okada Mitsuyo

下の本の表紙をクリックするとアマゾンに飛びます☟

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.01.19
『奥さまはニューヨーカー』シリーズ(幻冬舎文庫)全5巻 kindle版発売。

Okada Mitsuyo

昨年、2015年12月18日『奥さまはニューヨーカー』シリーズ(第1弾~第5弾、幻冬舎文庫)

のkindle版が発売になりました。英語を漫画で楽しく学べます。

Okada Mitsuyo

本の表紙をクリックするとアマゾンに飛びます。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

奥さまはニューヨーカー

I am a New Yorker, I love the Big Apple.

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

奥さまはニューヨーカー 

See you later, alligator.

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

奥さまはニューヨーカー

Shotgun Wedding

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

奥さまはニューヨーカー

Nine Ninety-Nine

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

奥さまはニューヨーカー

Going Home

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2016.01.13
『ニューヨークのとけない魔法』の32刷が決定しました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

帰宅したら、文藝春秋の編集者から嬉しい知らせが届いていました。

「新年早々、よいお知らせです。『ニューヨークのとけない魔法』重版です。32刷。

長女、本当に頑張ってくれてますね」と。

(昨日、長女(アタシ)の話をアップしたから、私の長女も喜んだのかしら?)

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

32刷になるなんて、だれが想像したでしょう! 

英語の入った本だから、一般の人が読む文庫での出版は難しいかも、

と当初、編集部でも懸念があったのに!

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

皆さんが読んでくださり、お知り合いに薦めてくださったり、

プレゼントしてくださったり、と魔法の輪を広げてくれたお陰です。

本当にありがとうございます!

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

NYで国籍を問わず、その輪を広げてくださった読者の池原清夫さんの

お写真をお借りして、うれしいニュースを皆さんと分かち合わせていただきます。

みんな、いい笑顔!

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

今日はタイのイエローカレーに赤ワインで乾杯💜!

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

下の本の表紙をクリックするとアマゾンに飛びます☟

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2015.12.15
12月12日の講演会は約200名の方が全国から駆けつけてくださいました。ありがとうございました。

Okada Mitsuyo

楽しい一日でした! サイン会、講演会、親睦会に来てくださった方々、ありがとうございました。

英語講座まんが「奥さまはニューヨーカー」の絵を描いた島本さんも、サインに駆けつけてくれました(手前)。

Okada Mitsuyo

 16:30から始まったサイン会の時から、みなさん打ち解けられていて、

「なんだかずっと前から友だちみたいですよね」と、出版社の社長さんが驚いていました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

このためだけに北海道、長野、関西、福岡、沖縄などから飛んできてくださった方々もいます。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

文藝春秋の「ニューヨークの魔法」シリーズの編集者も、「ここで講演するのはまだ2回目

だというのに、なんだか来ている人たちがすっかり場になじんでいて、

初めて来る人も多いだろうに、みんな魔法にかかった仲間、

という雰囲気にあふれていたような・・・。

エピソードの宝庫である岡田さんの講演と、真剣に耳を傾けつつ笑っているみなさんを見て、

やはりこれは新作が待たれているよ!と強く思いました」とメールをくれました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

今回は会場で引き続き、親睦会が行われました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

恒例の「NYの魔法」検定試験も盛り上がりました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

思い立ってひとりで参加した高校3年生の勇クン。

皆に可愛がられていましたね。クイズも大正解!

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

「Imagine」「Happy Xmas」「Silent Night」を、皆でメドレーで歌いました。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

親睦会の最後に、どなたかのアイデアで集合写真を撮ることになりました。

誰が提案してくれたのでしょう。隣の人とふたりずつ、手で♡を作って。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

手前右でにっこり♡を作っているおじさんふたり。左が『ニューヨークのとけない魔法』

の解説を書いた共同通信社編集委員。右がマガジンハウスのクロワッサンの元副編集長です。

かわいいでしょ?笑

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

講演で「見知らぬ人との会話術」に触れましたが、より詳しくは、1年前に出版された

『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』(清流出版)を読んでください。

「魔法にかかる方法」が書かれています。

アマゾンの書評にあるように(どこかで見た名前?笑)、

人と触れ合い、心に残る出会いができる方法が、とても具体的に書かれています。

私が特別に大変なことをしているのではないことがわかります。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

下の本の表紙をクリックするとアマゾンに飛びます☟

Okada Mitsuyo

今回、お会いできなかった方、来年は6月4日(土)午後1時半から、東京で講演します。

またお知らせいたします。

Okada Mitsuyo

皆さん、本当にありがとう。

You made my day.

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2015.10.11
岡田光世の 講演会&X mas Party&サイン会。いよいよあと2ヶ月です! 2015年12月12日

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

【講演会】 18:00 から 19:30

Okada Mitsuyo

ニューヨークでは、昔からの親友のように話しかけてくる! 意外にもNYは、そういう街です。大都会なのに、気さくに笑顔や言葉を交わす、特殊な街。でも、魔法があるのは、NYだけではない。それは、ここ日本でも生まれます! どのように見知らぬ人と親しくなり、心がつながるのか。海外だけでなく、日本でも実践できる”魔法の出会いを招くコミュニケーション術”、NYの意外な魅力とおすすめスポット、あなたを勇気づけてくれる、そして相手の心を開く言葉など盛り沢山。FBには書けない話、アップできない写真なども披露します! NYだけでなく、海外の旅の話なども、写真付きでご紹介します。「来年はこんな風に生きてみよう!」「これまでとは違う世界に飛び出してみよう!」きっとそう思っていただけるはずです。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

【クリスマス親睦パーティ】

Okada Mitsuyo

読者の人たちの温かい集いです。今回、スピーチはほとんどなし。クリスマス前に一緒に楽しいひとときを過ごしましょう。具体的な内容は、またお知らせしますが、景品付きのクイズも考えています。昨年、皆で歌ったHappy Christmasは感動的でした。ひとりで参加される方も何も心配いりません。すぐに打ち解けること間違いなし。来ていただけたら、わかります。前に参加された方、投稿欄にぜひ、声をお寄せくださいね。

Okada Mitsuyo

【サイン会】16:30から  ★講演会の前に行います。

Okada Mitsuyo

「ニューヨークのとけない魔法」シリーズ(文春文庫、第1弾~第6弾)、「奥さまはニューヨーカー」シリーズ(幻冬舎文庫、全5巻)、そのほかの岡田光世の著書、「ベストエッセイ2015」(日本文藝家協会編、光村図書)などを販売します。当日、ご購入いただいた本から優先的にサインしますが、ほかでご購入いただいた本にも、できるだけサインさせていただきます。

Okada Mitsuyo

日時:12月12日(土)

(1)サイン会:16:30から

(2)講演会:18:00から19:30

(3)懇親会:講演が終わりし次第19:45位~21:30

Okada Mitsuyo

受講料・Party会費(税込):

(1)講演会:3,304円(学生2,224円)

(2)X’mas Party:3,000円

Okada Mitsuyo

会場:池袋コミュニティ・カレッジ

東京都豊島区南池袋 1-28-1 西武池袋本店別館8階

電話 03-5949-5481(お気軽にお問合せください)

Okada Mitsuyo

申込み:池袋コミュニティカレッジまで

電話 03-5949-5481(担当:山崎、松本)or

以下のWebサイトからお願いいたします。

http://cul.7cn.co.jp/programs/program_726891.html

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

皆さんにお目にかかれるのを、心から楽しみにいています! ご家族やお知り合いを誘って、ぜひいらしてくださいね! お申込みはお早めに!

Okada Mitsuyo

https://www.facebook.com/okadamitsuyo/photos/a.333479620012240.95758.321113264582209/1185288531498007/?type=3&theater

岡田光世 Facebookページ

Okada Mitsuyo

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2015.09.07
「あなたを変える ニューヨークの魔法” 2015」講演会予約受付中(池袋コミュニティ・カレッジ)

Okada Mitsuyo

「あなたを変える"ニューヨークの魔法" 2015」ーー12月12日の講演会のちらしが届きました。講演前にサイン会、講演後に同じ会場で親睦会があります。6月の新刊出版記念パーティでは、マイクの音が会場の中ほどまでしか届いていなかったようで、申し訳ありませんでした。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

12月の講演会の内容はちらしに書かれていますが、私が実際に見知らぬ人とニューヨークそして海外で、どのように言葉を交わしているか、今回は「岡田光世流コミュニケーション術!」を実演してみます! 楽しみにしていてくださいね。

Okada Mitsuyo

今回の親睦会は、そのまま講演会の会場で行います。より多くの方が集まりやすいように、参加費を抑えました。受付が始まりましたので、ぜひお早目にお申し込みくださいね。詳細は池袋コミュニティカレッジの山崎さんか松本さんにご連絡ください。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

お目にかかれるのを心待ちにしています。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

ノルウェーのオスロより、愛を込めて。

岡田光世 / Mitsuyo Okada

2015.08.15
「硫黄島の超えられない壁」共同通信社から配信された拙文が、全国の地方紙に掲載されました。

Okada Mitsuyo

Iwo jima survivor 共同通信社から拙文が配信され、掲載紙の一部が届いたと、同通信社から連絡をいただきました。京都新聞、静岡新聞、福井新聞です。今週、マサチューセッツ州に会いに行ったあの元米兵との出会いです。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

やはり、聞くべきではない質問だった、と悔いています。

Okada Mitsuyo

見出しや掲載写真、拙文の紹介の仕方が、新聞によって少しずつ違いますね。

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

Okada Mitsuyo

13年前、夫は太ってたなぁ。

2015.07.24
12月に池袋でサイン会&講演会&X'mas Party!

Okada Mitsuyo

12月の講演会とパーティなど、こんな感じになりそうです。今、パンフレットやチラシの作成を進めているようですので、講演内容の詳細、申し込み方法などを、追ってお伝えしますね。私が撮影した写真でポストカードを作り、当日、販売しては?という提案もいただいたので、初めての試みに挑戦してみるかもしれません。日程をぜひ手帳に書き込んでくださいね。お会いできるのを、楽しみにしています。

Okada Mitsuyo

講演:あなたを変える“ニューヨークの魔法” 2015

~岡田光世が語るNYの意外な魅力と、

光世流・魔法の出会いを引き寄せるコツ~

Okada Mitsuyo

             岡田光世 作家 / エッセイスト

Okada Mitsuyo

「もっともっと話を聞きたい!」。前回受講者のそんな声にお応えし、待望の第2弾! 人懐こくありのままに生きるニューヨークの人々を描く人気エッセイストが、ニューヨークの意外な魅力と、光世流・魔法の出会いを引き寄せるコツを伝授。あなたもこんなふうに、生きたくなります。

Okada Mitsuyo

日時:12月12日(土)

サイン会  午後4時半~

講演会   午後6時~7時半

X’mas パーティ 午後7時半~9時半

Okada Mitsuyo

場所:東京・池袋コミュニティカレッジ

Okada Mitsuyo

講演会受講料: 3,304円(学生は2,224円)

パーティ参加費:未定

Okada Mitsuyo

Photo: Alice in Wonderland in Central Park, New York City

Okada Mitsuyo 光世

こちら↓↓をクリックすると、アマゾンの岡田光世の著書一覧へ飛びます。

Okada Mitsuyo 光世

2015.07.15
『タイツ男の非日常英会話』電子書籍、予約受付開始!

Okada Mitsuyo

シカゴに住む独身タイツ男は、ちょっと変わった同僚と、いばりんぼの上司のいる職場で、ストレスを抱えながらも、かわいい彼女にベタぼれで、そこそこ幸せに暮らしている、はず、だったが…。

Okada Mitsuyo

タイツ男のちょっとせつない絵物語で覚えちゃうネイティブのイキな英語。

Okada Mitsuyo 光世

こちらをクリックすると予約できます↙

Okada Mitsuyo 光世

岡田 光世

2015.07.07
『12月のサイン会&講演会&親睦会、ぜひ pencil in !

Okada Mitsuyo

12月12日(土)午後6時~7時半に講演会を予定しています。場所は昨年と同じ東京の池袋コミュニティ・カレッジです。講演会前の4時半頃からサイン会、講演会後におそらくその場で引き続き親睦会を行います。講演の内容など、詳細は追ってお知らせします。楽しい企画を考えています。とりあえずその日を空けておいてくださいね!

Okada Mitsuyo

「とりあえず、予定に入れておく」は英語でpencil in。いつでも消せるように鉛筆で書き込んでおく。覚えやすいですね。拙著「奥さまはニューヨーカー」シリーズ(幻冬舎文庫、第一巻)には、このような英語のフレーズが毎回のストーリーに出てきて、解説も書かれています。

Okada Mitsuyo 光世

これがサンプル参照。

でも講演会はぜひ、消さずに予定に入れていただけると嬉しいです。

Okada Mitsuyo 光世

写真はセントラルパークにある「不思議の国のアリス」像。子ども大人も登って遊べます。この少女、母親と本人の許可をもらって撮りましたが、アリスにとてもよく似ていますね。

Okada Mitsuyo 光世

表紙をクリック!↙すると、アマゾンへ。

Okada Mitsuyo 光世

岡田 光世

2015.06.25
『ベスト・エッセイ 2015』収録されました。

Okada Mitsuyo

嬉しいことがありました。

昨年、朝日新聞出版刊行の冊子「本の話」の巻頭随筆に掲載された拙文「手をふる」が、『ベスト・エッセイ 2015』に選ばれ、それが収録された本(光村図書)が今日、届きました。

Okada Mitsuyo 光世

とても美しい本です。ぜひ、読んでくださいね。ほかの人のエッセイも何篇か読んでみましたが――。

なかなかいいですよ、「手をふる」!

Okada Mitsuyo 光世

昨日、初めて参加し、前でお話しされた塩谷信幸先生がFBに書かれていました。夫も驚いていました。初めて会った人たちも、もうすぐに打ち解けてしゃべってるんだよ、と。不思議ですね~。

Okada Mitsuyo 光世

本日、発売。表紙をクリック!↙すると、アマゾンへ。

Okada Mitsuyo 光世

岡田 光世

2015.06.14
『ニューヨークの魔法をさがして』出版記念パーティが無事終了しました。

Okada Mitsuyo 光世

「ニューヨークの魔法」。それは不思議な集まりだった。或る著書のファンが新宿のレストランに集まって、著者を囲み、見知らぬもの同士が紹介も抜きにして、楽しく語らい始める、何か皆、魔法にかかったような不思議な、しかし温かい雰囲気。そう、これが ”ニューヨークの魔法“なのだ、と気づかされた。

Okada Mitsuyo 光世

もうお分かりでしょう、岡田光世さんの「ニューヨークの魔法をさがして」の出版記念パーティだったのです。何か心温まる素晴らしいパーティでしたーー。

Okada Mitsuyo 光世

昨日、初めて参加し、前でお話しされた塩谷信幸先生がFBに書かれていました。夫も驚いていました。初めて会った人たちも、もうすぐに打ち解けてしゃべってるんだよ、と。不思議ですね~。

Okada Mitsuyo 光世

だからいろいろ盛り込みすぎたと反省。でもたくさんの読者の方にお会いできて楽しかったです。北海道、栃木、茨木、長野、山梨、名古屋、大阪、山口、沖縄・・・遠くから駆けつけてくださった方々、ありがとうございました。

okada mitsuyo

そうそう、椅子の上に立ってしゃべっている姿、FBなどにアップしないでいただけますように!

Okada Mitsuyo 光世

昨日、会場到着予定の2時間半前にようやく準備を終えてから、シャワーを浴び、出かける支度をし、あまりにバタバタしていたので、ちゃんと乾かすのを忘れた髪は、ボサボサだし(涙)。

Okada Mitsuyo 光世

寝不足のはずなのに、今朝は5時過ぎに目覚めてしまいました。友人に撮影をお願いした写真がまだ手元にないので、皆さんがアップされた写真などを使わせていただきます。使われたくない写真がありましたら、お知らせください。また、いつかどこかで、皆さんと笑顔でお会いできますように♡。

岡田 光世

o

kada mitsuyo

2015.06.04
出版記念パーティ、若干余裕あり! 6月13日(土)17時からサイン会&動画スライドショーなど。

Okada Mitsuyo 光世

新刊『ニューヨークの魔法をさがして』(文春文庫)を読んで、初めてFBにアクセスし、出版記念パーティについて知った方もおられます。まだ若干、余裕はありますので、参加を希望される方は「参加したい」とコメント欄にひと言書いて、6月8日(来週月曜日)までに必ず振込みを済ませてください。

Okada Mitsuyo 光世

ひとりで来られる方がほとんどです。「ひとりぽつんとしている私…」を心配することはありません。『ニューヨークのとけない魔法』の帯にあるように、みんな、「世界一お節介で、図々しくて、(孤独な人たち??←これは違う?笑) でも、泣きたくなるほど、温かい。」人たちばかりですよ。みんな、「ニューヨークの魔法」の仲間たちです! 当日は大勢の方が来られます。

Okada Mitsuyo 光世

おひとりおひとりに自己紹介していただく時間はありませんので、こちらを読んで、自己紹介をお書きくださいね。下記のリンクの投稿欄に自己紹介をお書きください。何人か分をまとめて振り込まれた方へ。今、名簿作りをお願いしていますので、参加者のお名前をフルネームで(漢字とよみがなの両方)大至急、下記をクリックして岡田光世FBの投稿欄でお知らせください。

Okada Mitsuyo 光世

『ニューヨークの魔法をさがして』(文春文庫)出版記念パーティ

Okada Mitsuyo 光世

Okada Mitsuyo 光世

岡田 光世

o

kada mitsuyo

2015.05.19
出版記念パーティ~♡ 締切目前、お急ぎください!

Okada Mitsuyo 光世

5月8日発売の「ニューヨークの魔法」シリーズ第6弾の出版を、これまで支えてきてくださった読者の皆さんと祝う会です。ほとんど人が1人で参加。大丈夫! NYの魔法の愛読者は老若男女、みんな仲間です! 今回の参加者も小学生から年配の方まで、北海道から沖縄まで、NYに一度も行ったことがない人、NYに何度も行ったことがある人、さまざまです。

Okada Mitsuyo 光世

このイベントの「参加予定」にお名前があっても、振込いただかないと参加できません。6月3日までに入金を確認した方で、ひとまず締めさせていただきます。パーティでは皆さんとの交流に時間を取りたいので、本のサインや購入を希望される方は、5:00pm に会場にいらしてください。

Okada Mitsuyo 光世

Okada Mitsuyo 光世

【プチ本販売会&サイン会 5:00pm - 】

ごく限られた冊数ですが、このシリーズ全6冊や『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』(清流出版)などの販売もします。先着順でサインしますが、混雑した場合は、

①当日ご購入いただいた方⇒

②6月に購入した方⇒

③5月に購入の方を優先させてください。

時間が許す限り、拙著ならどの本でも何冊でも、いつどこでご購入でもサインします。

Okada Mitsuyo 光世

【動画&スライドショー 5:30 - 6:00pm 】*時間がなければ、本のサインも続けます)

Okada Mitsuyo 光世

【出版記念パーティ 6:00 - 8:40pm】

*私のショートトーク/「NYの魔法」賞品付きトリビアクイズ。出題範囲は「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)第1弾~第5弾/ 楽しく短いスピーチ/ 懇談・・・

*新刊の「あとがき」で触れたJohn Lennonの「Imagine」を、最後にみんなで一緒に歌いましょう~🎶  歌詞を覚えてきた方が楽しいかもしれないですね。

Okada Mitsuyo 光世

【2次会 9:00 -】

飲み放題1時間1千円の延長料金で、同じ会場をそのまま使えます。

Okada Mitsuyo 光世

+++++++++

Okada Mitsuyo 光世

❤場所:Hi`s GINTO 新宿三丁目店

東京都新宿区新宿3-4-1 東新宿ビル7F

電話:03-5368-2320

東京メトロ丸ノ内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目」駅、C3出口 地上出ず、直通エレベーター7階

店舗案内 新宿三丁目店

Okada Mitsuyo 光世

❤参加費:5千円(飲み放題込)

注)今回は下記金融機関の銀行口座まで振込をお願いします。入金確認をもって、参加申し込み手続き完了となります。

Okada Mitsuyo 光世

❤お振込先

銀行名:三井住友銀行

支店名:阿佐ヶ谷支店

普通口座

口座番号:6917017

口座名義:塩崎光世

※振込手数料はご負担下さい。Facebookのお名前と銀行口座の名義が異なる方は、必ず岡田光世の公式ページで、私宛てにメッセージで口座名義をお知らせください。

Okada Mitsuyo 光世

❤おひとりでも、お友だちやご家族をお誘いいただいての参加でも、大歓迎です。いつもFBを読んでくださっている方たちに、直接、お会いできること、たくさんの笑顔に出会えることを、心待ちにしています! 当日はサプライズがあります!

Okada Mitsuyo 光世

岡田 光世

o

kada mitsuyo

2015.05.19
TOKYO FM「rieco’s Mermaid Beauty」にゲスト出演、2015年5月21日21時20分より放送

Okada Mitsuyo 光世

riecoさんと私のおしゃべり。放送は5/21(木) 21:20~21:40 TOKYO FM「rieco’s Mermaid Beauty」

Okada Mitsuyo 光世

新刊『ニューヨークの魔法をさがして』と『泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし』について、ふたりで語り合います。riecoさんの歌声も聴けますよ♡ 

Okada Mitsuyo 光世

Okada Mitsuyo 光世

東京FMのスタジオで、収録しました。本番も、ふたりでおしゃべりしているようで、楽しかった! パーソナリティのriecoさんは、とってもチャーミングな笑顔のすてきな女性でした。早めに着いたのに、1階のフロントの女性に何階で収録か尋ねられ、うる覚えで、しかもそれが書かれているメールが、iPhoneでなぜか開けない! あわててスタジオ入りしたら、「本の中の光世さんとまったく同じ!」と大笑いされました。

Okada Mitsuyo 光世

『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』(清流出版)の冒頭のエッセイ「できたての友だち」で、「短距離走のゴールインのような勢いで、建物の中に突入した」わけでないのですが、そういうイメージなのね。riecoさんの第一声が、「Facebookで想像するより、もっと小柄なんですね」。別れ際に彼女が、「身長どのくらいあるんですか」と。彼女は意外に背が高くなく(低い、とは言いません!)、でも私より2ミリ、高かった! 

Okada Mitsuyo 光世

riecoさんはミュージシャンで、ご自分のCDをプレゼントしてくださり、今、その美しい歌声を聴きながら、これを書いています。スタジオでおしゃべりしている時と、歌っている時は、イメージがまったく違うのが面白いですね。叔父さんが拙著のファンということで、新刊にサインさせていただきました。叔父さん、ありがとうございます。新刊『ニューヨークの魔法をさがして』(文春文庫)についても話します。

Okada Mitsuyo 光世

Okada Mitsuyo 光世

•番組サイト

番組サイトhttp://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/rieco/top/

Okada Mitsuyo 光世

radikoだと有料になる地域もあるそうですが、

ドコデモFMというアプリで全国無料で聴けます(初回起動31日間無料)

Okada Mitsuyo 光世

ドコデモFM↓

ドコデモFMhttp://www.docodemo.fm/iphone/index.html

Okada Mitsuyo 光世

★「ラジ録」(これはMac用)とかPC録音アプリも是非使ってみてください、とコメントしてくれた方がいます。私にはよくわかりません…。

Okada Mitsuyo 光世

各端末でのTOKYO FMの聴き方。↓

TOKYO FMの聴き方http://www.tfm.co.jp/listen/sp/index.html

Okada Mitsuyo 光世

岡田 光世

o

Okada Mitsuyo 光世

kada mitsuyo

2015.04.25
『ニューヨークの魔法をさがして』(文春文庫)、『ニューヨークのとけない魔法』シリーズ第6弾。本日発売!

Okada Mitsuyo 光世

お待たせしました。『ニューヨークの魔法をさがして』(文春文庫)、「ニューヨークのとけない魔法」シリーズ第6弾。本日、発売です。皆が自由に生きているのに、心が触れ合う街。さりげないやさしさに心が軽くなり、人も自分も愛おしくなる。

Okada Mitsuyo 光世

こんなふうに生きられるんだ。ちっぽけなことで悩んでいて、バカみたい。そう思えるはず。だからひとりでも多くの人に読んでもらいたい。

Okada Mitsuyo 光世

Okada Mitsuyo 光世

【内容紹介】

ありのままに生きたいから、魔法の一冊は私の“お守り”。ベストセラー「ニューヨークの魔法」シリーズ、待望の第6弾! スーパーのレジで著者のカゴをのぞき込み、「セール品のオレンジジュースと取り替えてきな」と言うおばさん。列車でクラッカーを食べていると、隣の男性がバッグからペットボトルを取り出し、「どうぞ。喉につかえますよ」と手渡す。ホームレスがバスに乗り込み、あちこちのポケットから小銭をかき集める。ついに運賃に達すると、「やったね!」という運転手の声に乗客たちが拍手を贈る。皆が自由に生きているのに、心が触れ合う街。さりげない優しさに心が軽くなり、人も自分も愛おしくなる。ジョン・レノンが「イマジン」で歌う理想郷は、きっとこの街にある。映画のひとコマのような、著者の撮り下ろしの写真も満載。

Okada Mitsuyo 光世

【NYの魔法シリーズ】

人とのささやかな触れ合いを、ニューヨークを舞台に描く――。NYの小粋な言葉があふれる魔法の本たち。どの話にも、簡単なのに心に響く英語のフレーズが入っている。どの本から読んでも、胸を打つ! 「売れてる本」(朝日新聞)、「ポケットに1冊」(読売新聞)など人気書評コラムで取り上げられた話題のシリーズ。

Okada Mitsuyo 光世

第1弾『ニューヨークのとけない魔法』

第2弾『ニューヨークの魔法は続く』

第3弾『ニューヨークの魔法のことば』

第4弾『ニューヨークの魔法のさんぽ』

第5弾『ニューヨークの魔法のじかん』

第6弾『ニューヨークの魔法をさがして』

Okada Mitsuyo 光世

【シリーズ読者の声】

「大丈夫。もっと楽な気持ちで人と接してごらん。そう背中を押してくれる」

「心をわしづかみにされた。自分もこんなふうに生きてみたい」

「いつもこの本に戻ってきたくなる。心が落ち着く、まさに魔法の本!」

「笑いと涙。切なく温かい。英語も学べ、小学生の孫も夢中になって読んでいた」

Okada Mitsuyo 光世

岡田 光世

okada mitsuyo

2015.04.25
『ベストエッセイ 2015』に選ばれました。

Okada Mitsuyo 光世

これまでの人生で五本指に入るくらいうれしいこと。朝日新聞出版の「一冊の本」(三月号)の巻頭随筆です。それが『ベストエッセイ 2015』(光村図書出版、6月下旬刊行)に選ばれました。選考委員は林真理子、角田光代、町田康、三浦しをん、藤沢周の五氏。私が心を動かされたほんの一瞬を描いたもので、自分でも好きなエッセイだっただけに喜びもひとしおです。

Okada Mitsuyo 光世

Okada Mitsuyo 光世

そのお知らせは3月、NYにいる間に東京の自宅に届いていて、ずっとバタバタしていたので、なんと封も開けていませんでした! 昨日、文春文庫の編集者に会ったときに、「ベストエッセイに選ばれたけれど、岡田さんから返事が届いていないから、住所を間違えたのかと、出がけに日本文藝家協会から電話がありました」と聞き、「えええ、うれしい~!」と喜びに浸っていたら、「で、本に収録してもいいんですね。それが早く聞きたくて、かなり焦っているようでしたよ。オーケーというお返事でいいんですね」と。「はい! ああ、うれしい~」とひとり喜びに浸っていました。帰ってから急いで、開封し、文藝家協会の方にお詫びの電話をかけると、花粉症で(たぶん)くしゃみ連発のやさしいおじさん(たぶん)が、「大丈夫ですよ、こちらこそご都合も知らずに失礼いたしました」と言ってくださいました。

Okada Mitsuyo 光世

Okada Mitsuyo 光世

この乾杯の半分は、そのお祝いです。夫がモエ・エ・シャンドンのシャンパンを開けてくれました。あとの半分はお疲れさま~の乾杯。それについてはまたあとで、書くかもしれません。

岡田 光世

okada mitsuyo

ブログ:『ベストエッセイ2015』に選ばれました。

okada mitsuyo

2015.04.01
青学の広報誌『青山学報』にインタビューが掲載されました。

Okada Mitsuyo光世

4月、新しい人生が始まる季節ですね。新入生にも配られる母校の広報誌で6ページのインタビュー記事を掲載してくれました。 母校が箱根駅伝で初優勝した記念すべき号なので、監督や選手の写真や声もたくさん掲載! 一緒に紹介していただいて、喜びも一入です。

岡田 光世

okada mitsuyo

ブログ:青学の広報誌にインタビューが掲載されました。

okada mitsuyo

2015.02.08
『ニューヨークの魔法のはなし』が東横インの客室専用誌で紹介されました。

Okada Mitsuyo光世

ホテルチェーン「東横イン」の 全国242店舗の全客室に置かれる専用誌「たのやく」2月号に、新刊『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』(清流出版)のエッセイ2つ、「できたての友だち」と「郵便局のサンタクロース」が転載されています。

okada mitsuyo

特集「生きているってすばらしい 人生のイロイロ」の一番最初に紹介されています。最初はサラとビルの話「ビルからもらった指輪のあと」がいいかなと思ったのですが、心温まる楽しい話を選びました。今月、泊まる方は、ぜひ見てくださいね。

okada mitsuyo

岡田 光世

okada mitsuyo

『ニューヨークの魔法のはなし』が東横インの客室専用誌で紹介

okada mitsuyo

雑誌についてはこちら

TANOYAKU HOME

2015.01.27
『ニューヨークのとけない魔法』(文春文庫)重版30刷が届きました。

Okada Mitsuyo光世

「ニューヨークのとけない魔法」(文春文庫)の30刷が文藝春秋から届いた。ひと言。うれしい。

2007年2月、初版は1万2千部だった。編集者も私も驚いたことに、初版が売り切れ、重版となり、30回、印刷されたことになる。

okada mitsuyo

成人になった読者から、「この本を最初に読んだのは、中学生のときでした」などという手紙やメッセージが届くと、そういう歳月が流れたのかと感慨深い。

okada mitsuyo

この本が出たとき、東京の地元の書店の店長さんが、「いったいどういう本なんですか。文春文庫なのに、小学生が結構、買いに来るんですよ」と驚いた。

okada mitsuyo

当時、私が地元の公立小学校で英語を教えていたから、子どもたちが買いに行ってくれたらしい。小学生から90代の方まで読んでくださっている。家族で読んでいます、という便りも受け取る。

okada mitsuyo

本当に有難いこと。読者の方々、そして読者に届くためにご尽力くださった印刷所、出版社、取次、書店の方々のお陰だ。

okada mitsuyo

印象的な本のタイトルと帯のことばを考えてくださった当時の編集者の池延朋子さん、うれしいですね。池延さんのセンスは最高です。ありがとうございます。素敵な本を作ってくれたデザイナーの大久保明子さん、イラストレーターの上杉忠弘氏。

この場を借りて、もう一度、お礼申し上げます。ありがとうございました。

okada mitsuyo

これからも、買ってよかった、手元に置いておきたい。そう思っていただける本を、書いていきます!

okada mitsuyo

岡田 光世

okada mitsuyo

ニューヨークのとけない魔法

okada mitsuyoyo

2015.01.17
幸せを気づかせる魔法ー週刊NY生活で「ニューヨークの魔法のはなし」を紹介!

岡田光世

幸せを気づかせる魔法ーー。誰もが幸せを求めています。でも、幸せなどといわれうと、戸惑い、身構えてしまいます…。新刊「泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし」 が紹介されました。新刊の出版社の社長で担当編集者が書いた文章です。NYを拠点とする「週刊NY生活」紙1月17日、p18)。

英語まんが「奥さまはニューヨーカー」(幻冬舎文庫5冊で発売中)も掲載されているので、これも読んでくださいね(p24)。私が原作・英語を担当しています。今回のキーワードはput it in writing(書く、書面にする)。今回の話は知人の実話に基づいています。下記のURLをクリックし、新聞の左下のコーナーをクリックする(紙の新聞をめくるときのように)と、ページがめくれます。私の写真、講演会後の親睦会で撮ったので、同じ服でごめんなさい!

okada mitsuyo

幸せを気づかせる魔法ー週刊NY生活

okada mitsuyo

表示がうまくいかない場合は、「週刊NY生活デジタル版」ご参考にしてください。

2015.01.10
kindle版の「海外旅行」部門で、「ニューヨークのとけない魔法」(文春文庫)が「ベストセラー1位」

岡田光世

「今最も売れてる本」というのが今、ツイッターで流れてきた。kindle版の「海外旅行」部門で、「ニューヨークのとけない魔法」(文春文庫)が「ベストセラー1位」だと。

 何かの間違いかな、と思ってしまう自分が悲しい。

 でもホントのようだ。そういえば、今月下旬に30刷になるんだった。Yay!!

 ちょうど今、某大手新聞社の記者から電話があり、この本が何部、出たかと聞かれた。115万3千部になる、と答えたら、1冊で、ですよ? と聞き直された。そうだ、と答えると、びっくりされた。嬉しいじゃないかい!

 このちっちゃい本、なぜかわからないけど、スゴイね。編集者も著者もびっくりしているんだから。今日は一緒に寝てあげよう。凹んだり、喜んだり、忙しいんだ、私も。

amazon kindle 岡田光世amazon 海外旅行ガイドのベストセラー

紙の本はこちら 岡田光世amazon 『ニューヨークのとけない魔法』(文春文庫)

2014.12.21
「出版記念講演会」は198名、親睦会は79名が参加、三次会まで盛り上がりました。

講演会から今日で、一週間たったのですね。参加者は講演会198人、親睦会79人。そして、三次会と、午後11時すぎまで、読者の方たちや友人たちと食事やお酒を楽しみながら、おしゃべりをし、それはそれは楽しい一日でした。


あのあと、読者の方々のブログなどを拝見し、空港で飛び立つのを待つANAの写真などを見ると、ああ、本当にこうして飛行機に乗って遠方から来てくださったのだなあ、と胸が熱くなりました。そして、初めてお会いした読者の方々ばかりなのに、旧友たちが去っていってしまったような、さみしさを覚えました。


親睦会におひとりで参加された方が多く、何人かの友人や読者の方たちに、ひとりでいる人には声をかけてあげてね、と事前に頼んでいました。夫も心配していましたが、親睦会会場に入ったとたん、皆さんが打ち解けて、にぎやかにおしゃべりしていたと、びっくりしていました。


親睦会について皆さんが寄せてくださった声で、何よりうれしかったのが、初めて読者の方たちが顔を合わせたのに、そうは感じられなかったということです。


「あの場にいた全員が、『仲間』と感じられた」「ホントは初めてだったけど、久し振りに再会した同窓生同士のように心が温かくなった」「親睦会で最後に歌ったHappy Christmasすごく良かった。あまり、歌詞を考えたことがなかったが、すごくいい歌詞だな、と思った。みんなで歌って何か、じーんときた」「東京ではなかなか味わえないようなHappy Holidayだった」「東京であんなパーティは初めてだった」といった声を寄せてくださいました。


そして、もうひとつ、うれしかったこと。年齢を超えて、皆さんが仲よくなってくださったことです。読者の方たちはNYという共通項がありましたが、私の友人たちのなかには、NYに関心のない人もいたことと思います。それでも、読者の方たちが友人たちの昔話やジョークに笑い、彼らの温かさを感じ取ってくれて、友人たちも読者の皆さんを交えて、楽しんでくれました。参加してくださった編集者や仕事関係者の皆さんも、読者の方たちに会うのを、楽しみにしてくれていました。


NYの街について私がよく口にすることば。NYは心と心が触れ合う瞬間に満ちている――。あの親睦会のとき、私は何度もそう感じました。何人もの読者の方が、皆さんと気さくにおしゃべりができて、まるでNYにいるように感じた、と感想を送ってくれました。


それはひとえに、あの場に集まってくださった方々の、オープンなお人柄ゆえだと思います。いつかまた、読者の皆さんや友人たちと、あのような機会が持てたら、どんなにすばらしいでしょう。皆さんが笑顔で再会し、今度は新しい仲間も加わり、NYの魔法が広がっていったら、こんなにうれしいことはありません。


講演会も親睦会も、スムーズに進行できたとはいえないかもしれませんが、皆さんがそれぞれ、何か温かいものを感じ、帰路に着かれたとしたら、これ以上の幸せはありません。


師走のお忙しいなか、駆けつけてくださった皆さん、ありがとうございました。そして、今回、お目にかかれなかった読者の皆さんと、いつかどこかでお会いできますように。


どうぞ、すてきなクリスマスをお迎えください。



『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』ーー新刊

2014.12.04
『泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし』(清流出版)、本日発売です。

いよいよ、発売となりました!

「寂しいから、やさしくなれる。」

“ニューヨークの魔法”――。孤独で寂しいはずの大都会で、人と人が出会い、心が触れ合う。それが忘れられない思い出になる。

なぜ、心に残る出会いが生まれるのか。

どうやって人に話しかけ、話しかけられるのか。

相手が心を開くのか。

私はよく、そう聞かれます。

この本の最後で、「魔法にかかる方法」をあなたにそっと伝えます。

(「できたての友だち」より)

≪NY在住の著者が街で“楽しい魔法の瞬間”を撮影した写真も満載。簡単なのに心に響く英語のことばを、どの話にも収録≫

大人気シリーズ「ニューヨークのとけない魔法」(文春文庫)の著者、待望の最新エッセイ集!

孤独な大都会ニューヨークでは、何気ない日常のなかで、他人同士がごく自然に心を通わせ、心の触れ合う瞬間に満ちています。

自分の気持ちに素直で、気張らない。この本を読むと、「自分もこんなふうに生きてみたい」と思わずにはいられません。人見知りで、話すのが苦手と思っている人も、きっと偶然、隣合わせた人に話しかけてみたくなる、そんな気持ちになれる本。

“ニューヨークの魔法”は、“物干し竿の下でそっと光る雨のしずく”――。あなたがどこにいても、そんなささやかな一瞬に気づく心のゆとりと、ほんの少しの勇気さえあれば。

――あなたの周りで、かくれた魔法はうごきだす――。

『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』ーー新刊

2014.12.03
『ニューヨークのとけない魔法』(文春文庫)重版30刷が決定しました。

今朝、外出前に文春文庫の編集者からメールが届いた。

『ニューヨークのとけない魔法』が重版です。

30刷。累計15万3000部。

ヤッタ―! と思わず叫んだ。

でも、編集者のメールは、淡々としている(ように聞こえた)。

「これは本当によくかかりますね」と。

「重版がかかる」、ということ。

30刷。この世紀の一瞬を今か今かと待っていたのに。「よくかかりますね」って、魚釣りじゃあるまいし、と思わず笑ってしまった。

最近、新刊の画像ばかりで、すねてしまうといけないので、今日は「ニューヨークの魔法」シリーズの第一弾、”長女”の晴れ姿をご披露します。横浜の有隣堂「ランドマークプラザ店」で、2008年1月に撮影されたものを2枚。ということは、発売から1年近くたっていたのですね。有隣堂は東京や神奈川を中心とする大手書店チェーン。センスのいいオシャレな店舗が多い感じがします。ランドマークプラザ店は、残念なことに、今はもうありません。このお店が閉店したとき、私は本当に悲しかった。

明日は新刊の発売日。ダブルのお祝いに、今夜は白ワインで乾杯!

長女、そして明日、誕生の赤ちゃんを、どちらもよろしくお願いいたします!

『ニューヨークのとけない魔法』ーー「ニューヨークの魔法」シリーズ第1弾! 

『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』ーー新刊

2014.12.02
新刊発売記念ビデオ『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』が完成しました。

YouTube:【ロング版】書籍「泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし」岡田光世

YouTube:【ショート版】書籍「泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし」岡田光世

新刊発売記念ビデオを大学時代の友人、山本昌徳クンが作ってくれました。ぜひご覧ください。ニューヨークで出会った人たちの写真や動画を見て、最後は涙があふれました。山本クン、ありがとう! そして山本クンのご家族にも、ありがとう!

2014.11.20
新刊「泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし」(清流出版)の予約受付が開始しました。

 お待たせしました! 新刊の予約受付がアマゾンなどで始まりました。

amazon予約受付

今回は大きなおまけがあります。エッセイにはニューヨークだけでなく、東京での出会いも描かれています。そして、私がニューヨークの街を歩きながら出会った ♬魔法の瞬間♫ を撮ったカラー写真が満載! さらに! この本の最後で約30ページを使い、「魔法にかかる方法」を伝授します。この本が手元にあれば、皆さんにも私と同じような出会いがたくさん生まれるはずです。本の表紙は金箔が施され、キラキラしています。とっておきのクリスマスのプレゼントになります。大切なお友だちへ、そして一年間、頑張ったあなた自身へ。

 12月14日のサイン会会場で新刊をお買い求めくださった方には、別のところで買ってくださった新刊にも、サインさせていただきます。当日の会場以外で買ってくださった本も、時間が許す限りサインさせていただきますね。

2014.11.14
岡田光世クリスマスの魔法のじかん(12月14日講演会&サイン会後)

 講演会&サイン会のあと、親睦会(食事会)を企画しました。思っていたより参加希望者が多そうですので、広めの部屋を抑えました。まだ少し余裕がありますので、ご希望の方はお早目に「参加予定」のクリックをお願いします。岡田光世Facebookイベント

 お集まりいただいた皆さんと、いろいろお話しできることを、楽しみにしています。FBのコメント欄でお名前を知っている方たちが、実際に会ってつながり、おしゃべりや情報交換ができたら、私もうれしいです。見知らぬ人同士の心の触れ合いーー。それが私の本の大きなテーマのひとつです。講演会においでになれない方、お友達やお知り合いも、歓迎です。

 師走の忙しい時期に貴重な時間を割いて足を運んでくださる皆さま、遠く沖縄や宮崎などから駆けつけてくださる方、さまざまな年代の方々、そしていつも応援し支えてくれる幼稚園から大学までの旧友たち、仕事で知り合えた方々にも、会えることを楽しみにしています。

 ちなみに、私のFBの投稿でご存じの方も多い、べらんめえの江戸っ子・鯨井クン、前に「ニューヨークの魔法のじかん」の、そして今は私のウェブサイトをボランティアで作ってくれている山本クン、夜の新宿のピアノバーで対談し、「ニューヨークの魔法のじかん」の楽しいビデオを作ってくれた岩井氏、「ニューヨークのとけない魔法」のシリーズなどでいい味出してる最愛の(?)夫も親睦会に参加します。

日時:2014年12月14日(日)

場所:講演会場の目の前のビル「銀兎 GINTO」(ギント)池袋店

   東京都豊島区南池袋1-19-5 MI PLAZA 4F

参加費:5千円(飲み放題込)

みなさまのご参加お待ちしております。

2014.08.20
岡田光世の講演会開催の詳細が決まりました。

講演会の詳細が決まりました。新刊刊行記念講演会 各紙で話題の本「ニューヨークの魔法」シリーズ の岡田光世が贈る あなたを変える”ニューヨークの魔法” ~孤独な大都会なのに温かいNY。こんなふうに生きたい~  あなたの人生が変わります!日本人が海外で住んでみたい大都市No.1。ニューヨークは世界の中心、流行の最先端。だが、最大の魅力は、人々の生き方だろう。東京と同じ孤独な大都会なのに、心が触れ合う瞬間に満ちている。お節介で図々しいけど、泣きたくなるほど温かい。自分の気持ちに素直で、気張っていない。「どうしてこんなに違うのだろう。自分もこんなふうに生きてみよう」。岡田光世が語るニューヨークの人々との心の触れ合いのエピソードには、そんな魔力が潜んでいます。幸せの見つけ方。自分に素直になり、一歩踏み出す勇気。気持ちよく生きる術。楽しく豊かな暮らし。心が癒される英語のフレーズ。来年はちょっと違う年に、と思っているあなた自身への、最高のクリスマスプレゼントになるかもしれません。



日時:12月14日(日曜日)午後2時~3時半。講演会終了後、サイン会があります。

場所:池袋コミュニティ・カレッジ(西武デパート池袋本店別館)8階4番教室

受講料:会員・一般ともに 3,304円

注)講演会のお申込み開始は、8月25日です。



❦お申込みについて

池袋コミュニティ・カレッジ お申込



池袋コミュニティ・カレッジ 03-5949-5481 までお電話いただければ、こちらでご案内いたします。

2014.05.29
「ニューヨークの魔法のさんぽ」の増刷が決定しました。

お陰様で27万5千部突破の「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)、またまた重版がかかりました! 第4弾『ニューヨークの魔法のさんぽ』。私が撮影したNYのカラー写真入りです。

この街を私が散歩しながら、もらった温もりを届けたい。あなたが一歩前に踏み出す勇気を、きっとくれます! テロで失った父親に語りかける少女、大震災を悼んで私の手を握りしめて離さない人、唐突に名所案内を始めるバスの乗客、見上げた空に愛のメッセージーー。

ぜひ読んでみてください。表紙の写真は新刊発売時のものなので、この帯では20万部になっています。

2014.05.28
単行本エッセイ集、2014年12月1日刊行が決定しました。

単行本が出ることになった。エッセイ集だが、内容はこれから煮詰める。というのに、刊行日はもう決めてしまった。12月1日。自分を追い込まないと、仕事をしない情けない私。
 逆算していくと、9月22日が原稿の締切だが、その頃は長期で旅の予定が入っているので、目標は8月10日。こう書いてみると、それって有り得ないでしょう、と思う。ほかにも抱えている本が数冊、あるわけだし。しかし、これまでに何冊も、不可能と思えた厳しいスケジュールでやってきた。
 というわけで、缶詰状態にならなければ、と千葉の南房総へやってきた。目の前が海、というお目当てのテーブルが空いていたので、パソコンを開き、「今からここで仕事です」と夫にメールし、1時間ほど執筆する。が、フリースを着ているというのに、風が吹くと肌寒く、これでは風邪を引きそうだ。滞在先に戻り、仕事を続けよう。
 と思い、海岸沿いを歩く。そこで出会った漁師さんたちと、数時間、おしゃべりしてしまった。結局、そのあとも、カメラ片手に海岸沿いを散歩する。写真をきちんと勉強したことはないし、あまりよくわかっていないまま、あれこれ撮っている。
 気づいたら、夜8時。誰もいない海岸で、海の水に浸かり、びしょ濡れになりながら、こんな写真を撮っていた。
 明日から、心を鬼にして、頑張ります。