雪のバレンタインデーの書店回り

ある冬の日、大雪のなか渋谷の街を歩きながら、心が折れそうになっていた。ふと携帯を見ると、メッセージが現れた。夫からだった。 愛する光世へ 今日も、小さな身体にむち打って、書店回りをしているのですね。この大雪なのに。 たぶ 続きを読む…

母のいない初めての誕生日

お誕生日、おめでとう。お母さんのいない初めての誕生日だね。 お母さん、私の人生で最高のプレゼントをありがとう。 お母さんにもお父さんにも、そっくりだね。 ________ 【新刊の予約受付はこちら】 https://am 続きを読む…

最愛の義母が逝く

午前1時に電話が鳴った。「今、息を引き取ったよ」。 最後は声にならず、激しい嗚咽に変わった。 きっとそれまで、泣かずにこらえていたのだろう。病院から運ばれ、今は実家で眠る義母のもとから、さっき夫が帰った。 「あの時まで泣 続きを読む…

義父母の血を引いて

「結婚するなら、お父さんみたいな人がいいよー」。お正月に夫の両親を尋ねると、義母がしみじみとそう言った。義母が寝たきりになって、もう何年になるだろう。 毎年のように行っていた海外旅行をきっぱり諦め、義母の世話を朝から晩ま 続きを読む…

夫から届いた年賀状

☆初めて私のブログを尋ねてくださった方へ☆ 「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)の第8弾「ニューヨークの魔法のかかり方」が2017年12月に発売になりました。 孤独な大都会ニューヨークに住む人たち。お節介で図々しく 続きを読む…

マリーパットから届いた1枚の写真

マリーパットとはFBでまったく関わりがないのに、今朝、なぜか突然、彼女が私の公式ページをシェアして、Monte & I are honored to be in five of her books.(モンティと私 続きを読む…

ヨットのあとのハプニングに泣くーー。

ヨットのあとのハプニングに泣くーー。 いつかヨットでニューヨークまで行けたら…なんて思いながら、後ろ髪を引かれつつ、三浦半島のヨットクルーズを楽しみ、陸にあがった。 みんなで美味しいイワシ丼などを食べ、高校時代の友人の鯨 続きを読む…

病院の待合室で、義母とのひととき

久しぶりに義父母に会った。義母が義父に連れられて、月一度、通院する病院へ、夫とふたりで出かけた。病院でいつも待たされて、その時にお義母さんは不機嫌になり、家に帰りたいなどと言い出すので、来てくれると助かる、と私が今回ニュ 続きを読む…