ニューヨークの魔法が世界に広がる 岡田光世
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • とけない魔法

とけない魔法

バレンタインはサラとデート

Happy Valentine’s Day! NYはイヴです。 我が家はアメリカ式で、男から女へプレゼントする日。私が決めた?笑 たいてい、サプライズですけれど。 でも、今年は夫と離ればなれの私。 イヴはこれ …

夜のロックフェラーセンターに咲く光の華

「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)第6弾のゲラをついに日本に送った。まだ持ってたの? って感じですよね。ついつい見てしまい、見ると手を入れたくなってしまう。少し解放された気分。でもまだ新たにエッセイをいくつか、そ …

セントラルパークの赤い梯子と鴨たち

セントラルパークの池には赤い梯子がある。氷の上に乗って、落ちてしまった人を救い出すために。犬を氷の上で遊ばせ、捕まえようとして自分が落ちてしまう飼い主などもいる。Ice Rescue Ladder Stationと書かれ …

ロビーで私をじっと見つめるおばあちゃん

アパートメントのロビーで、おばあさんは私をじっと見つめている。私は外に出る前に、薄手のダウンジャケットの上に、厚手のロングのダウンコートを羽織ろうとしていた。外は摂氏マイナス7度(-7℃)の厳しい寒さだ。 おばあさんがあ …

タイムズスクエアを徘徊? ニューヨークの魔法のじかん

睡眠薬に頼りたくはないけれど、時差ボケが辛くて仕事にならないので、今回は5晩、続けて睡眠薬を飲んでいる。それでも、たいてい明け方3時頃にパッチリと目が覚める。   最初の夜9時半頃、薬を飲み、パソコンで仕事を続 …

モスクワより寒いニューヨーク!

イエローキャブを待ちながら、四国生まれの夫は震えている。氷点下は初体験だ。晴天でこんなに日が照っているのに、太陽の暖かさがまったく感じられないなんて、と滞在中、ずっと驚いていた。ーー『泣きたくなるほど愛おしい ニューヨー …

雪降るなか、セントラルパークを歩くーー夢追い人になる

雪降るなか、セントラルパークを歩く。「NYの魔法」シリーズ(文春文庫)に登場する友人ジェリーに薦められて、半年前に買ったパナソニックのカメラLUMIXを手に。 私にとってはもう見慣れた光景だけれど、この公園、この摩天楼、 …

グランドバザールで出会った少年たち Istanbul, Turkey 

イスタンブールのグランドバザールの外で、ホッチキスの形をした携帯用のミシンを売っていた男の子たち。 「ねえ、こんなに簡単なんだよ」とカチャカチャ、縫って見せてくれる。 「これなら私にもできそうね」 「うんうん、できるよ、 …

「NYの魔法」シリーズ誕生の地、紀尾井町から四谷まで雨のなかを歩く

今日は仕事で「ニューヨークの魔法」シリーズ誕生の地へ。紀尾井町から四谷へ歩いて戻る途中、いつも立ち寄る「ハナマサ」で、自分用に安ワインを買う。また、夫にバカにされるな。うちで飲むワインはたいてい夫のお小遣いで買うから、ち …

ミラノ、そして東京の、とけない魔法

この秋、夫とイタリアのミラノに行ったとき、ロベルタの人生を変えたこの場所を、自分の目で見たかった。 彼女が日本人とおぼしきおばあさんと出会った、ミラノの地下鉄。そして彼女が降りたサンタンブロージョ駅。 最新刊『泣きたくな …

« 1 41 42 43 50 »
PAGETOP
Copyright © Mitsuyo Okada All Rights Reserved.