ニューヨークの魔法が世界に広がる 岡田光世
Blog

NewYork ニューヨーク

新刊『泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし』(清流出版)が刷り上がりました!

  東京のとけない魔法ーー。昨日の夕方、神保町のホームのベンチに、学校帰りなのでしょう、制服姿の女子高生らしきふたりがすわっていました。そして深夜の新宿のホームに、人だかりができていました。どちらも見知らぬ人と …

新刊 泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし ずらり - 岡田光世

「家族の肖像」ーニューヨークの魔法のはなし

ビルは2年前に亡くなった。「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)に時々、登場してきたサラとビル。 新刊には「家族の肖像」というエッセイが収められている。あの家族と出会ってから16年ほどの歳月のなかで、私が何よりも忘れ …

NewYorkのアパート - 岡田光世

ブルックリンの店の窓の向こうでピザを食べる少女たち

ブルックリンの街をぷらぷら歩いていると、ピザ屋さんのガラス越しに少女たちがこちらを向いて、ピザを食べていた。目が合うと、にっこりほほ笑んだ。 新刊『泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし』(清流出版)の帯で …

窓越しにピザを食べる少女たち - 岡田光世

新刊『泣きたくなるほどいとおしい ニューヨークの魔法のはなし』帯なし表紙です。英文タイトルーSpellbinding Stories of New York

帯なしの新刊の表紙です。英文でタイトルが入っています。こちらは金粉が施される前の画像です。 アマゾン(amazon) にて、「泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし」予約受付開始! 1日に出版される本の数は …

泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし - 岡田光世

新刊「泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし」予約受付開始

お待たせしました! 新刊の予約受付がアマゾンなどで始まりました。 アマゾン(amazon) にて、「泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし」予約受付開始!   今回は大きなおまけがあります。エッセ …

泣きたくなるほど愛おしいニューヨークの魔法のはなし 帯有り- 岡田光世

I’m done ! 終わりました !

I’m done!  終わりました! ついに12月4日発売の新刊、私の手を離れ、今夜、大日本印刷へ行きました。わが子が手術室に入ったような気分です。 1か月近く前から体調を崩し、左手の人差指にヒビが入り、かな …

ガラス越しの夫婦 - 岡田光世

夫の叫びとニューヨークの地下鉄の柱

今朝の夫との会話。夫、今日は休み。というか、研究日で家にいた。 私:さあ、今日は私の新刊の研究日。一緒にゲラを読もう! 夫:う…ん。← もうすでに何度も読まされている。 私:・・・ナニ、うれしくないの? 心外だな。 夫: …

塩ボーの叫び - 岡田光世

息子を追いかけ回す私を追いかけ回す父親

夏にセントラルパークで出会った父子を思い出したら、ちょっと元気になってきた。一瞬だけ、仕事がひと息ついたので、あのときのことを。 パークを歩いていると、この子がシャボン玉を飛ばして遊んでいた。でも、遊びとは思えない真剣な …

すばしっこいシャボン玉少年 - 岡田光世

NY地下鉄ホームでバケツドラム・パフォーマンス

NYの地下鉄のホームで、大音響のビートが聴こえてきた。 黒いスチールのゴミ箱をシンバル、キッコーマン醤油の入っていたバケツをドラムに、ものすごい迫力のパフォーマンス。一ドル札が次々に投げ込まれていく。(なぜ、キッコーマン …

NY地下鉄ホームのバケツドラムパフォーマンス - 岡田光世

幻の「岡田光世と訪ねるニューヨーク2泊3日の旅」

新聞記者時代の元同僚(上司かな?)から突然、連絡を受け、数十年ぶりに今日、会った。私が『ニューヨークのとけない魔法』のシリーズ(文春文庫)などの本を書いていると知り、何かビジネスに結び付くのでは、と考えたらしい。 ランチ …

ニューヨーク、グランドセントラルステーション - 岡田光世
« 1 19 20 21 »
PAGETOP
Copyright © Mitsuyo Okada All Rights Reserved.