セントラルパークを走る馬車

記録的なこの寒さ。どんなに危険なのかと思い、外に出てみると、ああ、こんなもの? という感じ。 やはり、カナダとの国境にあるウィスコンシン州の寒さを経験しているからか。 外気にさらされている顔は冷たいというより痛く、吐く息 続きを読む…

危険な寒さ。でもセントラルパークは美しい。

ここニューヨーク。「Dangerous!(危険!)なので、家の中にいるように!」とニュースで連発しています。明朝にかけて体感温度が華氏マイナス30度にまで下がるかも、と言っていますが、それって摂氏マイナス何度?  &nb 続きを読む…

セントラルパークのスケートリンクと摩天楼

「ある程度、寒くなると、それ以上いくら寒くなっても、違いがわからないわね」と友人が言っていたけれど、まさにそう。 その寒さのなか、セントラルパークを3時間ほど歩き回っていた。スケートリンクで滑る人々と摩天楼(三脚なしで撮 続きを読む…

夜のロックフェラーセンターに咲く光の華

「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)第6弾のゲラをついに日本に送った。まだ持ってたの? って感じですよね。ついつい見てしまい、見ると手を入れたくなってしまう。少し解放された気分。でもまだ新たにエッセイをいくつか、そ 続きを読む…

セントラルパークの赤い梯子と鴨たち

セントラルパークの池には赤い梯子がある。氷の上に乗って、落ちてしまった人を救い出すために。犬を氷の上で遊ばせ、捕まえようとして自分が落ちてしまう飼い主などもいる。Ice Rescue Ladder Stationと書かれ 続きを読む…

ロビーで私をじっと見つめるおばあちゃん

アパートメントのロビーで、おばあさんは私をじっと見つめている。私は外に出る前に、薄手のダウンジャケットの上に、厚手のロングのダウンコートを羽織ろうとしていた。外は摂氏マイナス7度(-7℃)の厳しい寒さだ。 おばあさんがあ 続きを読む…

タイムズスクエアを徘徊? ニューヨークの魔法のじかん

睡眠薬に頼りたくはないけれど、時差ボケが辛くて仕事にならないので、今回は5晩、続けて睡眠薬を飲んでいる。それでも、たいてい明け方3時頃にパッチリと目が覚める。   最初の夜9時半頃、薬を飲み、パソコンで仕事を続 続きを読む…

モスクワより寒いニューヨーク!

イエローキャブを待ちながら、四国生まれの夫は震えている。氷点下は初体験だ。晴天でこんなに日が照っているのに、太陽の暖かさがまったく感じられないなんて、と滞在中、ずっと驚いていた。ーー『泣きたくなるほど愛おしい ニューヨー 続きを読む…