雪のバレンタインデーの書店回り

ある冬の日、大雪のなか渋谷の街を歩きながら、心が折れそうになっていた。ふと携帯を見ると、メッセージが現れた。夫からだった。

愛する光世へ

今日も、小さな身体にむち打って、書店回りをしているのですね。この大雪なのに。

たぶん、これからも人生の中で、こういう場面は何度もあるのでしょう。自分は器の小さい人間ですが、そんな光世を支えながら生きていきたいと思っています。

光世の大事な子供の出産直後なので、今はドタバタしていますが、二人でゆっくり秘蔵のワインを飲む時間をいずれ作りましょう。

笑いあり、涙ありのフルボデイの人生に、乾杯しましょう。自分のあっさりした人生に、いつも「感動」というすてきな香り、ほのかな甘み、そしてタンニンを与えてくれてありがとう。

2月14日 塩崎 智

そう。大雪のその日は、バレンタインデーだった。涙を拭いて、足を運んだ次の書店。親切に対応してくれた書店員さんの胸の名札に、「我妻」(わがつま)と書かれていた。

夫が”出産“と書いたのは、”本を産んだ=新刊が出た“ということ。これまでも、丸善丸の内本店には、本が出ると必ず見に行った。

シリーズすべて並べれば、場所を取ってしまうのに。そして今回、新刊が出た時には平積みになっていたのに、そのあと、「こっちのほうが目立つと思って」と目の高さに面陳にしてくれていた。

どの本がおススメ? とよく聞かれるけれど、正直、答えられない。その時々にベストを尽くしたものだから。読んでいない本があったら、ぜひ手にとって見てほしい(コメント欄にシリーズの内容紹介を貼りますね)。

シリーズすべてが揃っているところは、そんなに多くはありません。棚差しで1冊ずつ揃えてくださっている所は多いかと思いますが、シリーズで面出しで展開してくれているいくつかの書店を(私が自分の目で確認したところだけなので、東京とその近郊になりますが)、感謝の思いを込めて、ここに紹介させていただきます。関西など他地域の様子は、見かけたら教えてくれるとうれしいです。

八重洲ブックセンターのルミネ荻窪店では昨日、新刊にサインしてきました。すべてのサイン本に、元気が出るメッセージを添えて。

荻窪駅直結ルミネ荻窪の八重洲ブックセンター

上大岡駅すぐの八重洲ブックセンター 。村上春樹氏と並んで。嬉しい❤️


銀座シックス(GINZA SIX)蔦屋書店


https://ginza6.tokyo/shops/1230
品川駅のペーパーウォール。小さな書店なのに。
品川駅ブックエキスプレスも小さなお店ですが、面陳です。
丸ノ内線「新高円寺駅」すぐのあゆみブックス
湘南Tサイト(藤沢)の湘南蔦屋書店
錦糸町のくまざわ書店
浜松町の文教堂
さいたま市浦和の蔦屋書店

そして、赤羽の文教堂は、ずっとシリーズで展開してくれてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください