石巻の漁師さんと目バッヅバッヅの姉ぢゃん

リアルな漁師さんのなまりの、この言葉が忘れられない(画像3枚目)。震災から2年目の6月に、宮城県石巻に牡蠣の養殖のお手伝いに行った時のことだ。

目バッヅバッヅさすだ姉ぢゃんだづが、帆立(ほだで)一枚(いづまい)一枚、籠しとづしとづ、全部、拾(しろ)っで持っでくんだ。それ見でだら、自分もやんなぎゃなんねえな、っだごどを、少すずっづ、思っだんだっちゃ。

数日前、読者の方のこんなツイートを見つけて、あの時のことがよみがえってきた。

「ニューヨークの魔法シリーズ、何冊か揃えてたけど中々読み進めておれず…最後の一冊を開いたらなんてタイムリーな、筆者が3.11ボランティアで東北に訪れた話が入っていた。ニューヨークが舞台のシリーズにまさか東北が登場するとは。リアルなおじさんのなまりに涙が出たーー」

目バッヅバッヅさすだ姉ぢゃんだづ。ありがとう❣️

そして、ツイートしてくれた読者の方、ありがとう。
1、2枚目はその方の画像をお借りしました。

_____________________________

【講演会と懇親会のお知らせ】

https://cul.7cn.co.jp/programs/program_859452.html

☎️

なぜか電話とコーヒーのでっかい画像が消えない…すみません!

場所:池袋コミュニティカレッジ  

   ☎️ お問い合わせ03-5949-5481

日時:5月11日(土) 

講演会13:30-15:30 

著書販売&サイン会15:15-16:15 

懇親会 16:30-18:30

☕️
👉

「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫、第1弾〜第8弾まで)ー世界一お節介で、図々しくて、孤独な人たち。でも、泣きたくなるほど、温かい。たった一度のあなたの人生を、もっと肩の力を抜いて生きていこう、と思うはず。どの話にもニューヨークでよく耳にする英語がちょっとだけ入っていて、ほっこりしながら英語も学べます。シリーズのどの本から読んでも楽しめます。シリーズはすべて、普通の文庫(紙)もKindleもあります。内容はAmazonでどうぞ http://urx.red/JuoP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください