クリニックに向かって自転車を走らせながら🚴‍♀️🚴‍♀️🚴‍♀️、神さま、結果は受け入れます。

でもできればもう少し時間を与えてください。大切に使います、と祈る。

診察室に入ってすわると、CTのフィルムが目の前に現れる。

検査の結果ですけれど、と先生の暗い声👩‍🏫👩‍🏫

そういうこと…ですかと思ったとき、ブラ 良性 結節 肉芽種 といった単語が並び、良性ではないかと判断、癌の確率は低いと思われるが、3か月後くらいにまた経過を見ましょう、ということでした。

ここは近所のクリニックで人間ドックもするものの、専門は脳神経外科。前に書いたように、問題のあったKクリニックでずっと検診を受けてきたので、心配もあり、

CTの結果によっては癌センターの某先生宛(私がネットで見つけた先生)に紹介状を書いてくださるとのことでした。

そうしたら私に会う前に、すでに念のために紹介状を用意してくれていました。

癌センターに今行っても、肉芽腫と見られるものはとても小さいので(大きさを聞くと1、2mmくらいとのこと)、癌であったとしても今できるのは様子を見ることだけ。

なので、今、癌センターに行く必要はないと思うけれど、心配であれば、セカンドオピニオンをもらってくださいと。

今回はKクリニックのこともあったので、特別に薄い層でCTを取ってくれたとのことでした。

前にひっかかった大腸も気になっているので、近々ちゃんとした人間ドックをやろうかな、と考えていたこともあったので、とりあえず今回は様子を見ることにしました。

、気が変わったら、いつでも紹介状を取りにきてくださいと言ってくれました。

心配してくださった皆さん、ありがとうございました。とりあえずHappy Halloween の日になりました。

 

 

このチョコ🍫は、トランプの連載をしているj-castの社長におととい お会いした時にいただきました。お祝いにあとで🥂

 

☕️「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫、第1弾〜第8弾まで)。世界一お節介で、図々しくて、孤独な人たち。でも、泣きたくなるほど、温かい。たった一度のあなたの人生を、もっと肩の力を抜いて生きていこう、と思うはず。どの話にもニューヨークでよく耳にする英語がちょっとだけ入っていて、ほっこりしながら英語も学べます。シリーズのどの本から読んでも楽しめます。シリーズはすべて、普通の文庫(紙)もKindleもあります。内容はAmazonでどうぞ。下のチラシをクリックすると、飛びます。