テイラー・スウィフトのベストをYou Tubeで聴きながら、書きました。トランプの連載記事です。これを機に、彼女の歌をいろいろ楽しみました。

「投票に行って」という彼女の呼びかけ、選挙当日の公共機関の無料化など、さまざまな取り組みで、11月6日の中間選挙、投票所に足を運ぶ人は増えるのでしょうか。

記事とは関係ありませんが、彼女の歌は Our Song、Crazier、Begin Again などカントリー風からずいぶん変わりましたが、初期の作品もいいですね。

そういえば、私が使っているカメラ、FUJIFILMの六本木ミッドタウンにあるスクエア(展示場?)で、ちょうど彼女の写真展をやっています。彼女が撮影した写真も展示されているようですので、興味のある方はぜひ。こちらはPR用のポスターです。

岡田光世 「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
低投票率の中間選挙を左右する若者

https://www.j-cast.com/2018/10/21341691.html