ニューヨークの地下鉄でぐっすり居眠り。気づいたら、ブルックリンだった! ま、これも何かの縁でしょ、と思い、Carroll Street の駅で飛び降りて、散策。

この辺り、80、90年代と比べたら、本当にオシャレになった。グラフィティが大胆で、開放的な気分。そして、夜8時でもこの明るさ。

2枚目の写真は、ふたり、目があった瞬間なんだね。

 

🍷「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫、第1弾〜第8弾まで)ー世界一お節介で、図々しくて、孤独な人たち。でも、泣きたくなるほど、温かい。たった一度のあなたの人生を、もっと肩の力を抜いて生きていこう、と思うはず。どの話にもニューヨークでよく耳にする英語がちょっとだけ入っていて、ほっこりしながら英語も学べます。シリーズのどの本から読んでも楽しめます。シリーズはすべて、普通の文庫(紙)もKindleもあります。内容はAmazonでどうぞ。下のチラシをクリックすると、飛びます。