福島に桃源郷ありーーといわれる花見山公園。

福島弁があちこちから聞こえてきます。

”のぶちゃん”を思い出します。

 

幼い時にお世話になり、原発の被害で今も地元に戻れない”ーー。

のぶちゃんの声を心のなかで聞きながら、花のなかを歩き回りました。

 

東京から新幹線で福島へ。そこから地元のバスで20分ほど。

『ニューヨークの魔法のかかり方』(文春文庫)から昨年12月に朗読してくれたおひとり、前尾津也子さんが誘ってくれて私たち夫婦と3人で行ってきました。

 

昨日は最高のお花見日和。

津也子さんと私が写真に夢中でなかなか動かないなか、夫がタイムキーパをしてくれたおかげで、郡山で乗り換え、二本松城へも。

 

そのあと、津也子さんは東京へ戻り、私たち夫婦は三春の滝桜、そして三春の福聚寺(ふくじゅうじ)と桜三昧の1日でした。

 

 

二本松城と三春の写真は、また後日ーー。素敵な出会いもありました。