えー、また桜ーー?! なんです。

だってね。

 

 

 

 

死ぬまでにあと何回、桜を見ることができる?

オリンピックは何回、楽しめる?

自分の干支は何回、巡ってくる?

なんて考えていたら、人生、短すぎ!

だから、昨日も午後、桜を見に行って、夜も10時から零時まで赤ワインを飲みながら、誰もいない川沿いに寝転がってお花見。

月明かりに照らされて、川のせせらぎに耳を傾け、天国ってこんなところなのだろうなぁなんて、考えていました。

トランプの連載を書きながら、今日の午後は神に思いを馳せていたのだけれど、人生のあれこれに文句ばかり言っていたら、本当に神さまに申し訳ないなぁという気持ちになりました。

さっきも自転車で桜のトンネルをくぐりながら川沿いを走り抜け、やっぱりここは天国だーーと心の中で叫んでいました。おわり。