人の善を信じて生きていきたいし、これまでもそう信じて生きてきたけれど、どきどき、ため息をつきたくなることがあります。

現実の社会も、そしてネット社会も。でも物事には両面あって、ネットのおかげでこうして皆さんと繋がることができました。

悲しくなることはあるけれど、でもやっぱり、人の善を信じて、光を見て、生きていきたいと思います。たった一度の人生だもの。

でも、これからは、生き方を少し変えようかと思います。

どんな人にも心の痛みがある。辛い時がある。

だからそれを理解しようと思って、陰口をたたかれていることを知っていても、嫌な思いをすることがあっても、心を寄せようと、これまで自分のエネルギーや時間を費やしてきたけれど、人生は限られている。

ネガティブなことに関わっている時間は、もったいない。

最近、身近な人が、亡くなり、大病を患い、自分がするべきことを、何に時間を使うべきかを、より考えるようになりました。

私が何のために生かされているのか、今もよくわからないけれど、自分にできることを誠を尽くしてやっていこう。

誤解されることがあっても、わかる人はわかってくれる。

人にわかってもらえない時、辛い時に、肩に手を回し、そばにいてくれる人を、大切にしていこう。

そしてそういう人に自分もなりたい、と思います。

この週末、何年かぶりに山梨の親戚を訪ね、ゆっくりしてきました。

これまで何度も誘ってくれたのに、「忙しい」と言い続けて叶わなかったけれど、みんなの温かさ、おもてなしの心に触れて、自分も温かい人になりたい、と改めて思いました。

昨日は、嬉しい時にも辛い時にも、信じてそばにいてくれる大切な人の誕生日だったけれど、私は体調を崩して寝ていました。

今日、予定していたお祝いの食事は、体調と天気のよい日に延期。

今日は、スイスのチューリッヒで買ってきた美味しい珈琲を、旅のことを思い出しながら淹れていたら、心も体もちょっと元気になりました。

ランチは近くで美味しいバゲットを買ってきて、米ウィスコンシン州の大好きなソーセージと一緒に食べようかな。夫は休みなので、プチプチ誕生日ランチーー。

夫にも、これを読んでくださっている皆さんにも、「ありがとう」と心から伝えたい。今、そんな思いです。

これからも大好きな旅をして、書き残したいことを書き続けて、たくさん笑って、生きていきます。

写真は数年前に旅したスウェーデンのゴットランド島。「魔女の宅急便」のモデルになったといわれる町のひとつです。