Breakfast at Tiffany’s  『ティファニーで朝食を』ーー。

オードリー・ヘプバーン扮するホリー・ゴライトリーは、ニューヨークを舞台に自由奔放に生きる女性。

沈んだ気分になると、5番街にあるあの有名な宝石店「ティファニー」の前でウインドーを眺めながら、パンとコーヒーを手にして、朝食を取る。

アメリカの作家トルーマン・カポーティー小説をもとに超有名になった映画。

昨年11月、このティファニーにダイニングエリアがオープンし、本当に朝食を取れるようになりました。

朝食は29ドル。朝食だけでなく、ランチとディナーもあります。

詳しくはメニューをご覧ください(写真)。

 

部屋もお皿もティファニーブルーに統一され、ステキです。

食器は同店で買うこともできます。

ティファニーでは、店員さんのネクタイやスカーフもティファニーブルーです。

事前にオンラインで予約が必要です。

ニューヨークでの思い出のひとつになりそうですね。

ここで売っていた紙コップを模した陶器のカップがほしいな、と思いました。

1つ95ドルだったので、即決できず……笑。

そうしたら、同じデザインの、「本物の紙コップ」を手に店内をぶらぶらしている女性がいたので、「Where did you get that?」と声をかけました。

続きは今度ーー。

☆☆☆☆☆彡

岡田光世の著書リスト Amazon👉 http://u0u1.net/HRXE