だから私はニューヨークの人たちの、お節介だけど、時々、泣きたくなるほど温かい話を紡ぎつけていきたいのだと思う。

こういう時、このシリーズを続けてきてよかった、と心から思う。

1週間前に湘南のイベントに参加した方の、その夜のお話です。

タクシーの運転手さん、きっと一生忘れないでしょう。

そう、ほんのちょっとしたことで、私たちは人を笑顔にできるのですね。

許可を得て、この方のインスタグラムの投稿をご紹介します。

こうして投稿しているだけで、幸せな気持ちになります。