松居一代さんのことで、いろいろ考えます。「愛」は「憎」へと変わり、もう戻ることはできないのでしょうか。

夫の船越英一郎さんの裏切りがあったかどうかわかりません。

あったとしたら、それはそれは辛いことだと思います。

信頼し切っていたのですから、気が狂ってもおかしくないでしょう。

ただ、たとえ裏切りがあったとしたら、そうなってしまったそれまでの経緯もあったのでしょう。

松居さんが「憎み」を募らせてすべてを破壊してしまうのではなく、こんなに素敵な女性を失ってしまったと相手が後悔するような、そんな「愛」あふれる人になれたら、とても素敵だと思います。

私たち夫婦にも、お互いに対して「愛」より「憎」が勝っていた時期がなかったとはいえません。それを乗り越え、今がある。でもこの先、何があるかわかりません。

だからこそ、今を大切にしなければ、と肝に銘じます。

反意語ではありませんが、「愛」の反対は「憎」ではなく、「無関心」だとよく言われます。

「愛」は互いに育てていく努力をしていかなければ、気づかないうちに、あっという間に「憎」へと変わってしまう。

でも、逆に「憎」を「愛」へと変えることもできる。そこに希望があり、だからこそ夫婦は、面白く、深いのだと思うのです。

夫婦は「そこにあるもの」ではなく、「なっていくもの」なのですね。

相手にしてよ~…言っているようで、ワンちゃんがちょっぴり気の毒で、カメラを向けました。Photo: Stockholm, Sweden

ね~、相手にしてってばーー!