漁師さんからモーニングコール💛。しかも無料で。

そんなあったかい話を今朝、NHKニュースで紹介していました。

多くの子どもたちや教師が犠牲になった石巻市大川小学校の前に建てられた「Angel of Hope」(希望の天使)像

 

東日本大震災で宮城県石巻市で漁師が減ってしまったため、漁師の仕事に関心を持ってもらいたいと、若い漁師さんたちが始めたところ、希望者はすでに1千人を超えるとのこと。

電話する直前の漁師さん、「緊張するなぁ。初めてなんだよなぁ」なんて言いながら…。

相手が出ると、「起きましたかー?」「朝早くありがとうございます」「今朝は何時に起きたんですか」「今朝は4時頃っかな?」「早い! じゃあ、これからお弁当作ります!」「頑張ってね」ーー。

そんなやりとりがされていました。

 

2013年6月、石巻に牡蠣の養殖のお手伝いに行ったことを思い出しました。

牡蠣の稚貝が付着したホタテの貝殻(種ガキ)を、2本によられたロープの間に挟み込む作業を手伝いました。

 

そのときの石巻、仙台のことは、『ニューヨークの魔法のじかん』の最終章「東北と出会う」に収めました。

漁師さんが早起きという”特権”を生かして、モーニングコールというとってもステキなアイデアを思いついて、前向きにわが町のために頑張ろうとする姿、胸を打たれます。

手前の建物が横転してしまっています。

 

海の上からモーニングコール。私もお願いしたいなー。でもずっとしゃべっていて、漁師さん、仕事にならないかも。。。

皆さんも漁師さんのエネルギーをもらって、今日も、Have a wonder-full day!

写真は3年前に東北に行った時のものですーー。光世