死んでしまった。私の敬愛する恩師、米作家のE. L. Doctorowが。NYU大学院のCreative Writingで、彼の指導を受けた。修士論文は短編集で、彼が指導教官だった。彼がこの大学で教えていると知って、仰天した。だって、日本の大学の米文学の授業で、名前が何度も出てきたのだもの。

君のストーリーは、とてもパワフルだ。書き続けなさい、と言ってくれた。なのに、私は今まで、何をしていたんだ。

11705741_1148876595139201_2908732301273374847_o

4年前、マンハッタンのユニオンスクエアにある書店「Barnes and Noble (バーンズ・アンド・ノーブル)」に立ち寄ると、偶然にも彼の朗読会が始まろうとしていた。私は一目散にエスカレーターを駆け上がって会場へ。

時々、彼のオフィスに会いに行き、近況を報告し、授業を覗かせてもらったこともあったから、私のことは覚えていた。私を見ると、驚き、そしてにっこり笑った。新刊に「『光世』と漢字でもサインしてくださいね」と頼んだら、私が別の紙に書いた文字を見ながら、一生懸命、書いてくれた。

To Mitsuyo
with all good wishes
E.L. Doctorow
光世へ

11227977_1148876511805876_4979853723047446920_o

村上春樹が「アメリカへ行ったら、E. L. Doctorowに会ってこい」と言われたと、どこかに書かれていた。そのくらい素晴らしい作家ーー。そして何より温かい人だった。オバマ大統領が、ツイッターでつぶやいている。

“E.L. Doctorow was one of America’s greatest novelists. His books taught me much, and he will be missed.”

先生に会いたい。

11708000_1148874821806045_9180055040632865681_o
そういえば、『ニューヨークのとけない魔法』(文春文庫)にちらっと先生の授業を取ったときのことを書いたと思ったのだけれど、動揺しているせいか、見つからない。「求めよ、さらば与えられん」という英文を添えたエッセイだったと思うのだけれど。