リヨンから列車で2時間かけて、スイスのジュネーブへ。スイスで2日間、一緒に過ごした夫は、3日目の朝、ジュネーブのホテルからひとり空港へと去っていった。
ひとりでジュネーブの旧市街を歩き、先日、夫と一緒に訪れたサン・ピエール大聖堂の前にやってきた。ここは宗教改革で知られるカルヴァンが本拠とした寺院だ。
誘われるように入っていくと、パイプオルガンの音が響きわたっていた。パイプオルガンのある聖堂の後ろには、数十人すわっていたので、前のほうへ歩いていった。振り返ると、ステンドグラスを通した光の下で、ひとりの女性が本を読んでいた。おそらくガイドブックに目を通しているのだろう。薄暗い聖堂で、そこだけにスポットライトが当たっている。聖堂の前のほうにも人がすわっていたが、パイプオルガンの荘厳な音と、女性だけが、この世に存在しているようだった。

©217972_528258153867718_397498485_n
思わず、何枚か写真を撮った。女性は気づいていないようだった。あまりにも美しいシーンだったので、うまく撮れたら女性に写真をあげたいと思い、声をかけた。
あなたにだけライトが当たっていて、あまりに美しかったから、カメラを向けてしまったんですよ、と言った。
パイプオルガンの音に誘われて、入ってきたんですよ、と答えたので、私も一緒です、とふたりで笑った。
よかったら、写真を送ります、と言うと、女性は喜んでくれた。
スペインからの旅行者だった。ひとりで旅しているのですか、と尋ねると、ボーイフレンドと一緒だったけれど、彼は今朝、スペインに帰っていったんです、と答えた。
あら、私も同じだわ。夫と一緒に旅していたけれど、今朝、ジュネーブを発っていったのよ。

 昨日、メールアドレスを確認するために女性にメールを送った。すぐに返事が届いた。

ぜひ来年にでも、ご主人とふたりでスペインのマヨルカ、バスクに来てください。彼と私で、おふたりを案内しますから、と。

写真を見て、あとで気づいたのだが、女性の頭上の丸いライトが、天使のようだ。焦点は教会の後方に当たっていて、彼女はややぼやけているが、その分、女性の柔らかさ、温かさが伝わってくる気がする。

先ほど、女性にこの写真を送ると、またすぐに返事が届いた。
Now I will have a memory of that moment we shared in Geneve!!
これで、私たちが分かち合ったあのジュネーブでの瞬間が、思い出として残ります。

At Cathedral Saint-Pierre, Geneva, Switzerland, Sept. 2012